キレる!(小学館新書)

キレる!(小学館新書)

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“キレる人・キレる自分”に振り回されない。

本書では、“キレる”という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察していきます。ここ最近、高速道路での悪質なあおり運転(ロードレイジ)、児童虐待、モンスターペアレント等、怒りを抑えきれずに社会的な事件につながるケースが数多く起こっています。
そこで、「“キレる”という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を科学的に分析しながら、“キレる人”や“キレる自分”に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探っていきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年06月05日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

キレる!(小学館新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    怒りを恨みに転化させるな

    あじみ 2021年09月03日

    会社の同僚から下に見られ、仕事を押し付けられたとき。失礼な事言われたとき。家に帰ってからイライラしても後の祭り。この本は、沸々と抱えている怒りを恨みに転化させずに、対応力を鍛える指南書。
    学校や親に『真面目で優しくあれ』と教育され、忠実に実践している人の方が生きにくくなる社会で、搾取されずに切り抜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    本書は、脳科学者から見た「キレる」。「誰も傷つけないキレ方は大きな武器」、「キレる人」「キレる自分」に振り回されずに、上手に「キレる」を運用していく方法を探っていく。具体的な対処法も示してくれている。

    第一章 損するキレ方、得するキレ方
    第二章 キレる人の脳で起こっていること
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    思ったより幅広く、奥深く「キレる」ことについて書かれていて、読んで良かったし、他人にも勧めたいと思いました。
    昨今話題の、煽り運転、クレーマー、児童虐待、暴走老人なども、ホルモンの分泌をからめて再考できました。
    私としては、切り返し上手になりたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    キレていじめてくる人、搾取してくる人などに、どのように対処すべきかといったことを、脳科学の観点から詳しく解説しています。会社の人間関係をうまくやっていくために役立ちそうな知識が盛りだくさんでした。

    思春期の男の子がキレるメカニズムや対処法についても、ホルモン物質とからめて説明していて、男子育児中の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月23日

    はぁ〜なるほど!と思わせてくれる本。実際人間関係での悩みの多くは会話力を鍛える事で少しは良くなる様に思う。でも勇気がいることも多いのも事実。戦略的にキレる!練習してみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    おとなしい人に「時には切れた方がいいよ」という本だと思ってよみはじめたら、切れやすい人へのアドバイスも多くて楽しんで聞いた。
    脳科学者らしく、参考になる内容がおおかった
    ■老化により脳は萎縮するのは前頭葉と海馬が小さくなっていくから。 前頭葉と海馬の細胞は老化しても新しくできるのではあるがその後使わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    「日本語の運用能力を身につける」日本語の問題で、「会話の勉強不足」と指摘されて、スッと府に落ちるものがありました。これなら後天的になおせるし。誰も損しないキレかたを身に付けたいですね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    TVへの出演、刺激的な著書と、今や売れっ子の脳科学者である著者。本書は老若男女を問わず問題行動である「キレる」を科学し、その対処法を示したものだ。日本では、不当な要求でも波風立てず、反駁しないことが美徳みたいな雰囲気がある。都合がいい人にならない、というメッセージが感じられた。いくつかのケーススタデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    中野さん2冊目。センセーショナルなタイトルだが、内容はとても真面目。キレるという事を方法や理由から分析、損をするキレ方、得をするキレ方があると言う。確かに「キレる」と聞くと見境なく喚き散らすイメージがあるが、それは損をするキレ方。周りを冷静に見渡し、自分の主張を通す。本書で何度も語られるが、喧嘩をし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

    とてもわかりやすく、明日からすぐ役立つ様に感じた。中野氏の著書はどれも、科学的なのにわかりやすく説明されてるので、必読書です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング