「呉善花」おすすめ作品一覧

「呉善花」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:呉善花(オソンファ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年09月15日
  • 出身地:韓国
  • 職業:評論家

大東文化大学卒。『攘夷の韓国 開国の日本』だ山本七平賞を受賞。『スカートの風』や『「日帝」だけでは歴史は語れない 反日の源流を検証する』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 赤い韓国 危機を招く半島の真実
    韓国って北朝鮮とすごく対立してると思ってたけど
    そうではなくて同一民族だから親北朝鮮感情もあり、政治家なんか逆にペコペコしてるような印象でビックリしました。
    日本の外交は韓国、朝鮮民族の理解が不十分で失策が続きますが外務省は進歩するのでしょうか?
    外交的には韓国、北朝鮮民族と友好な関係を築くことは1...続きを読む
  • なぜ「反日韓国に未来はない」のか(小学館新書)
    教育の影響力は絶大。
    教科書で反日教育をしている限り、韓国国民と日本国民は、真の友人にはなれないかも。
    それと、この本を読んだだけでも、慰安婦の強制連行はありえないことがわかるなあ。
  • 困った隣人 韓国の急所
    まったくもって同意するほかない。
    しかし韓国、というか朝鮮人に対する処方箋など無いのではと感じる。韓国と対話しても無意味なのだから、世界に対して日本の立場、根拠ある歴史的事実を正面から発信することだけを期待したい。
  • もう、この国は捨て置け!

    納得できました。

    韓国、中国の日本に対する姿勢については、これまで抱いていた外交カードの一つとの認識から、より深く理解することができました。しかも、今までなぜそんなことが主張できるのかとの思いも、多々なるほどそれなら仕方ないとの思いへと変わり、とても勉強になる本でした。
  • 韓国併合への道 完全版
    韓国の現代史を史実に基づいた、極めて冷静な視点で紐解く。韓国が、こうありたいと願う希望的観測で綴った歴史ではなく、ロビー活動のためのでっち上げでもない。この手の著書は、日本側の反省もこめた先の大戦の総括書としてしばしば見られるが、韓国併合までの歴史を、それ以前の韓国における内部事情から綴られているも...続きを読む

特集