侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

目下、最悪の事態に立ち至っている日韓関係。かの国の徹底した「反日」は、日本では「日帝による植民地支配」が根本にあると考えられていますが、呉善花さんは「そうではない」と説きます。古く14世紀から、朝鮮半島では「日本人は侮辱に価する民族」と考えられてきたのだと。その起源は、中華帝国周辺の諸民族を「文明の遅れた野蛮で侵略的な夷族」と蔑視する、古代以来の「中華主義」にあります。朝鮮半島は長らく中華帝国の属国としてあり、最後の王朝である李氏朝鮮は、自らこそ中華主義を正しく継承する唯一の国であると誇ってきました。韓国の「侮日観」はこの李氏朝鮮時代500年の間に根付いたものなのです。
2013年7月、親族の結婚式に出席するためソウル・仁川空港に到着したものの入国を拒否された著者も、かつては反日少女でしたが、転じて日本に帰化しました。自らの体験を踏まえた独自の視点で、政治、経済、歴史、文化等、多角的に「侮日」文化を掘り下げる本書は、著者による反日韓国論の「総集編」といえます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月21日

     反日少女から帰化した呉善花さんが、その生い立ち、日本での苦労、日韓の考え方の違い、反日教育、儒教による韓国人の特徴などを詳しくわかりやすく説明している。韓国人を理解するための第一級の本であると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    てっきり、韓国の「反日」は、過去の統治時代の名残だと思っていました。
    そうではなく、「伝統」だったんですね。
    遥か昔から、日本を蔑み、侮辱していたんですね。

    毎回、韓国が、騒ぐ度に、「違和感」を感じていましたが、その違和感の根底に流れるものが、
    決して、お隣りの国とは、真の意味での交流が出来ないな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月22日

    この本だけ読むと韓国に対して確実にバイアスがかかります。他の著者の似たテーマについても読むことをお勧めします。

    韓国人の知人や日韓のハーフの友達がいますけど、彼女たちのいつまでも怨むごとく怒り続けるところ、自分の民族は余所と違ってすごいのだと誇るところが嫌いで、傲慢にさえ感じます。でも、ものすごく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    韓国人の歴史観を詳細に論述している好著だ.日本統治下の総括として189頁の次の語句が本書の真髄だと感じている."韓国人はいさぎよく「平穏な日常生活がほぼ確保されていて、平穏で平和な日本人生活者との交流があったこと」を堂々と認めるべきだと思います." 私の母親も当時の朝鮮で生活して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月22日

    大韓民国民の反日感情が教育だけでなく、中華思想に基づくものであるということを再認識。

    第六章の「私はどのようにして反日から親日に変わったのか」という面が、他の朝鮮民族を語った本との差別化が図られている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月16日

    日本では忠と孝となれば私を捨てて国家社会への忠誠を優先する忠をとります。韓国では孝(家族を中心にする血縁関係)をとるのが本音中の本音。
     ・・・この考え方は両国の国民性を良く表していると思う。だから、危うい方向に向かう日本は止まらなかった側面はある。韓国人は良くも悪くも血縁を大切にする・・ということ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月04日

    何冊か著者の著作を読んできたので、いくつかの章の内容が重複しているので☆をひとつ少なめにした。呉先生の本はどれも理性的で納得できるもので好きである。第五章「植民地化を絶対的な悪とする考えは間違っている」は実際に植民地時代を経験された母堂の話を取り上げており、納得できるものである。苛烈な強制が多ければ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    日韓関係が冷え込んでいることから、韓国と日本の歴史について知りたくなり、読みました。
    韓国が日本をどのように考えているか、その背景含め、理解することが出来ました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています