「ビートたけし」おすすめ作品一覧

「ビートたけし」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ビートたけし(ビートタケシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年01月18日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:芸人・映画監督

東京都立足立高等学校卒。明治大学工学部特別卒業。コメディアン、タレント、映画監督、俳優。『たけしくん、ハイ!』、『KID RETURN』、『浅草キッド』、『菊次郎とさき』など多数の作品を手がける。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年5月号

作品一覧

2018/04/23更新

菊次郎とさき
  • ブラウザ試し読み

下世話の作法
  • ブラウザ試し読み

コマ大数学科特別集中講座
  • ブラウザ試し読み

最後の大独演会
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • バカ論(新潮新書)
    たけしもタモリも年をとりにつれて「芸人」の枠からとびでて、新しい独自のジャンルにいっているなぁ。一方で「教養なき天才」のさんまは「芸人」でありつづけているなぁ。どっちがいいとかではないけれど、少なくとも「ふつうのサラリーマン」は年とともに変化していかなければならないのだろう。
  • アナログ

    アナログ

    躍動感や香り、照明、全てが火花を意識してそうな雰囲気でした。
    でもやっぱり世界の北野武さん。。。要所要所での違いがたのしかったです。
  • バカ論(新潮新書)
    テンポよく読めて声を出して笑えました。たけしさんってやっぱり好いな!と思えました。『アナログ』読んでみたいです、で、直木賞とかじゃんじゃん受賞してほしいです。 まだ読んでませんけれど。
  • バカ論(新潮新書)
    友人に渡されて。
    他の芸人(タモリ、さんま、所ジョージ、鶴瓶、SMAP)に対する評価、「弟子が師匠をつくる」に大いに納得する。
    後半の、笑い・芸に対する思いを語るくだりがたまりません。やっぱいいわ、たけし。こんなに感動したので、ゴーストでないことを祈ります。
  • バカ論(新潮新書)
    最後の方は、自分の寿命を見すえたような内容?のようでちょっと今までの「ビートたけし」の本とは違う気がする。ただの毒舌本じゃあない

特集