「ビートたけし」おすすめ作品一覧

【ビートたけし】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ビートたけし(ビートタケシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年01月18日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:芸人・映画監督

東京都立足立高等学校卒。明治大学工学部特別卒業。コメディアン、タレント、映画監督、俳優。『たけしくん、ハイ!』、『KID RETURN』、『浅草キッド』、『菊次郎とさき』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年8月号

作品一覧

2017/07/10更新

菊次郎とさき
  • ブラウザ試し読み

下世話の作法
  • ブラウザ試し読み

コマ大数学科特別集中講座
  • ブラウザ試し読み

最後の大独演会
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • テレビじゃ言えない(小学館新書)
    『テレビじゃ言えない』という題名だが、これは本書冒頭によれば、「最近の想い」を一言で表したモノであるようだ。近年はテレビの世界は“自主規制”のようなモノが相当にキツく、「アレはダメ」、「コレもダメ」と「言ってはならない」と先回りして注意される場合が殆どなのだという。そこで本書という訳だ…

    本書に納...続きを読む
  • 間抜けの構造
    再読です。

    最近、自分自身も含めた失敗のパターンとして、
    時間や距離などの「間」の取り方が
    不適切なケースを散見しています。

    ・こいつ、タイミング悪いなぁ…
    ・今それ言う!?
    ・お前がそれ言う!?
    ・いや焦りすぎだろ、少し時間置けば良かったのに…

    こういうやつですね。
    「間違ってないけど今じゃ...続きを読む
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 間抜けの構造
    博識で多角的発想とユーモアのセンスが卓越している。たけしの著書は必ず生死観が語られている。そこが深見をさらに増していて読み応えがある。
  • たけしのグレートジャーニー
    男心を擽ってくれる一冊。


    宇宙も、水中も、
    僕らを取り巻く環境も、

    いや、僕ら自身も
    世界は不思議で満ち溢れている。


    だから、知りたい。
    それが楽しい。

    そんな少年心を持ち続けたい。

特集