芸人と影(小学館新書)

芸人と影(小学館新書)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

芸能と裏社会…やっぱりテレビじゃ言えない。

芸能界の光と闇を誰より知るレジェンド・ビートたけしが、「闇営業とヤクザ」「テレビ業界の真実」についてタブーなき持論を展開する。
テレビでたけしが吠えたあの一言、
「オイラたち芸人は、猿まわしの猿なんだ」の真意とは?
今回も公共の電波には乗せられない放送コード完全無視の内容。
ベストセラー『テレビじゃ言えない』を上回る危険度だ!
第1章 芸人と闇
第2章 テレビの闇、ネットの闇
第3章 ニッポンの闇、政治の闇
第4章 話題の芸能&スポーツ一刀両断

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年11月28日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

芸人と影(小学館新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    面白かった。『俺たちひょうきん族』がこの世で一番面白い番組だと信じて疑わなかった幼少期。夫がドリフで育ったと知った時の衝撃たるや。ここ近年TVでたけしを観ると「まるくなったなぁ..」と感じることもあったのだが、やっぱり切れ味と適格な言葉は健在。メイントピックは芸人の闇営業について。その他薬物・脱税な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    世の中の窮屈な空気に一石を投じてる感があって気持ちが良い。本質的なことをユーモアを交えてシンプルに伝えられるビートたけしは、素晴らしい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    依存性薬物の使用者の末路は悲惨である。「段ボールをかぶって隠れて、指で開けた穴から外を見回して、「俺は刑事に監視されている!」ってガクガク震えてる人もいた。典型的な覚せい剤の幻覚症状だけど、その人にとっちゃ本気も本気なんだよな」(ビートたけし『芸人と影』小学館新書、2019年)。中身が死んでしまって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    2019年の例のエンタメニュースを主軸に、独自の視点でどんどん斬っていくのが面白い。テンポよく読める一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    この時期に「影」ということは濃ゆいのを期待していたが
    大昔の話のみ
    あとは去年のワイドショー的ネタを薄く書くのみ
    残念

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月01日

    2019年、話題となったお笑い芸人の闇営業、反社会的勢力、税金を語る。
    まあ確かに、昔はそうだったよな。お笑い芸人ってそんなもんだよなと思う。ただ、今のたけしって、もう一つ体制的で政治に関する毒が足りないんだよな。

    それと、後半に掲載された昔のKKベストセラーズ的な部分に興ざめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月23日

    笑っちゃうような特別席、さすがたけしさんの発想(笑

    御年72歳の毒舌、しかし立場はしっかりわきまえている(⁈
    闇営業のホント、税金問題と2019の社会現象をぶった斬る
    痛快!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    ビートたけしが週刊ポストで連載しているコラムの総集編。芸人の闇営業問題をはじめとした2019年の様々な時事ネタをたけし流の毒舌とユーモアで斬りまくる。芸能人とヤクザとクスリが同居する時代を生きてきた、たけしならではの価値観やエピソードが興味深い。そもそも芸人なんて社会不適合者の集まりだったはず、そん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    なんか得るものあるかなと思い読みましたが、まぁ、読まなくてもよかったかなとは思います。
    時代は変わったんだ、というのがよく分かりました。
    芸人は幸せな時代しか生きられない、というのはまさにその通りかと。
    個人的には、「間」の取り方についての言及が何箇所かにあり、自分はまだ「間」についてあまり意識した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています