香山リカの一覧

「香山リカ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/04/19更新

ユーザーレビュー

  • 「発達障害」と言いたがる人たち
    「もしかして私は発達障害ではないでしょうか」
    と言って、診察を受けに来る患者さんが増えている
    そうです。

    ところが現代医学においても、実は発達障害の定義
    は定まっていないそうです。
    前半はそうした発達障害に関わる問題点を説きます。

    後半は、この書名に対する著者の回答が述べられて
    います。
    非常に...続きを読む
  • 老後がこわい
    老後。それもシングル女性となるといつまで働けるか、賃貸の立ち退き命令、家族の介護と死別、入院の保証人問題…お金で解決できる課題も多いが、できない課題もある。

    誰もが老後には不安があり、課題も多い。著者は課題を整理して、案や思考をまとめていますが、もちろん答えはありません。ただ、どんな課題が考えられ...続きを読む
  • 比べずにはいられない症候群
    比べずにはいられない症候群。香山リカ先生の著書。幸福感も不幸感もすべては比べずにはいられない症候群から来ているのかも。自分絶対主義を貫けば、他の誰かと比べて劣等感も嫉妬感情も感じないし、ましてや自分が不幸だなんて思わないはず。香山リカ先生の言うところの比べずにはいられない症候群を克服するのが幸せへの...続きを読む
  • 「私はうつ」と言いたがる人たち
    精神的な病気は、どう診断されているのか?を知れました。具体的な事例も書いてあり、納得する内容が多かったです。本当の「うつ病」がどれほど辛い病気なのか?を知る手立てにもなりました。
  • いまどきの「常識」
    いまどきの「常識」。香山リカ先生の著書。世間で常識とされていることが本当の意味での常識なのかどうか、常に疑いの目を持って考えることが必要。常識も非常識も紙一重。常識が非常識に変わったり、非常識が常識に変わったり、そんなことは日常茶飯事なこと。常識、非常識の枠にとらわれない自由な発想を忘れないようにし...続きを読む

特集