経済を読む力~「2020年代」を生き抜く新常識~(小学館新書)

経済を読む力~「2020年代」を生き抜く新常識~(小学館新書)

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

経済の“常識”を疑え!

政府発表に騙されてはいけない!
大前流経済学がQ&A形式でコンパクトに学べる一冊!

「戦後最長の景気拡大」「マイナス金利で経済活性化」「働き方改革で競争力アップ」など政府が喧伝する経済効果には首を傾げることも多い。消費増税や異次元金融緩和、働き方改革などが国民生活を激変させる中で、従来の常識に囚われず、未来を見極めてビジネスに生かす「経済を読む力」がますます力が求められている。

〈現在のような安倍一強政権においては、独断専行の政治が常態化し、政府の経済政策に異論を差し挟むことすら難しい。(中略)そうした中では、国民一人一人が経済指標を冷静に読み解き、近未来の動向を見極めて、自身のビジネスや生活設計に生かしていけるか否かが問われる。〉(新書版まえがきより)

2020年代には、物価、税制、年金、雇用や景気はどうなるのか? 
トランプ大統領のツイッター政治、米中貿易戦争、低迷する韓国経済をどう読み解くか?
アイドルエコノミーやシェアエコノミーなどの先端ビジネスはどこまで進化するのか?

世界的経営コンサルタントである著者独自の分析をまとめた『武器としての経済学』を新書化。経済の“新常識”をQ&A形式で学べるコンパクトな一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マネープラン・投資
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年11月28日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

経済を読む力~「2020年代」を生き抜く新常識~(小学館新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月26日


    2020年代の経済事情をわかりやすくまとめた一冊。
    日々アップデートされる経済知識ついて
    現代の人が果たしてどれだけ自信を持って説明できるのか?
    かくいう私ももちろん説明できない人間の1人で、
    仕事柄経済について勉強しなければならないなあと
    思いつつも学習量の多さに、ついサボってしまっていましたが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    非常に分かりやすく経済について説明している。
    だが、これはあくまでも「1人の意見」として自分の中で落とし込み、消化しなければならない。
    彼の意見は私の意見ではないからね。

    今まで経済分野には勝手に苦手意識を持っていたが、これを機に他の本も読んでいきたい。自分の国のこと、政治のこと、経済のことは、自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    経済の考え方というよりは、名前の通り読み方を示唆してくれる本。実際にトピックになっている日本、世界の経済事情を報道や政府発表とは違う切り口で、読み方で解説してくれているため、具体的でわかりやすい。
    特に今後の日本の成長戦略については、今の政策や方向性も示しつつ、著者の考える具体的な対案があるのも面白...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    大前節
    解決策を具体的に提示するのは良いのだが
    ケインズ主義は死んだ
    とかどこまでをケインズ主義と言っているのか分からないけど主流の経済学で元々のケインズ主義を唱えている人なんてもう全然いないし、、、

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています