大前研一の一覧

「大前研一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大前研一(オオマエケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1943年02月21日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:評論家

早稲田大学理工学部卒、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。『「見えない税金」に怒れ』で第49回文藝春秋読者賞を受賞。著書に『21世紀維新 栄える国と人のかたち』、『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 』、『マッキンゼー 現代の経営戦略』などがある。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/07/30更新

ユーザーレビュー

  • 大前研一 ポスト・コロナ時代の稼ぎ方
    ポストコロナとはタイトルのみで、コロナだからという内容は無く、著者が考える今の時代のベストの経営について書かれている。著者本人による文章がさらっと書かれた後に、参考になる経営者による寄稿や、成功事例が記載される。
    本書では稼ぎ方とはコスト削減ではなく、顧客が欲しい物を探して付加価値をつけることで適正...続きを読む
  • ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
    今まで仕事をしてきた中で、大事だと感じていた事が何なのか、言語化されている本。
    将来、経験や理屈・理論だけでは勝ち残れないと感じてる人におすすめ。
  • 企業参謀ノート[入門編] 超訳・速習・図解


    常にお客様発想ができないと、提供する中身の価値はゼロに近づく
    答えは存在しない(答えを探しても意味がない)、自分の頭で自分が納得する自分にとっての答えを見つけ出す方法を手に入れる。
    論理的思考、分析力、その結果を伝える力が参謀には必要。

    ツールを使うだけでは足りない、ツールを使い込み、ツールに...続きを読む
  • 勝ち組企業の「ビジネスモデル」大全
    『勝ち組企業のビジネスモデル』大前研一著

    1.購読動機
    著者大前研一さん、そして合計30社近くの企業分析と生き残り作戦を勉強できるからです。

    2.本書のポイント
    差別化が図りづらい時代に、生き残る原則は2つという。
    ①ソリューションファースト。
    ②顧客自身と契約、把握していること。

    ①②の事例...続きを読む
  • 企業参謀ノート[入門編] 超訳・速習・図解
    本編を読んでより深い理解をしたいと感じた。

    KFSを探すことが何より大事、それが同じ業種でも時代によって変わっていくものであるため、常にKFSが何であるかを意識して、その向上に努めるべきだという内容だったと理解した。