大前研一の一覧

「大前研一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大前研一(オオマエケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1943年02月21日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:評論家

早稲田大学理工学部卒、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。『「見えない税金」に怒れ』で第49回文藝春秋読者賞を受賞。著書に『21世紀維新 栄える国と人のかたち』、『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 』、『マッキンゼー 現代の経営戦略』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/06/01更新

ユーザーレビュー

  • 経済参謀 ~日本人の給料を上げる最後の処方箋~
    大前研一氏の集大成的な本。企業参謀のコンセプトを国に当てはめる形で、提言する。まさに、自身が国家の参謀ならば、というRTOCS的な考え方。
    基本的には、日本の根本的な問題は教育にあると捉えている。義務教育は、本当に無駄かつ誤った方向に向かわせている。北欧、韓国など各国の例も、国家ぎ向かう方向を明示的...続きを読む
  • 大前研一の今日から使える英語 「自信がない」ビジネスマンにすぐに効く英語のコツ
    ビジネス英語とは、なんぞや。海外のノンネイティブは、どのような形でコミュニケーションを取っているのか知る事が出来る1冊。この本を読んだのち、英語の勉強をした方が良いと思う。あと、即効性のあるフレーズもあり実践性の高い本。
  • 大前研一 世界の潮流2022-23スペシャル
    いつも通りの大前節炸裂。ウクライナ問題や中国など、取り上げるテーマは他の論者と同じですが、必ず違う視点をもたらしてくれて、非常に参考になります。
  • 経済参謀 ~日本人の給料を上げる最後の処方箋~
    キレキレの大前節、炸裂と言った感じですが、ご本人も書かれている通り何年も前から同じことを主張されており、既視感があります。大前さんの物言いもグチめいてきているような気がします。変われない日本、このまま世界の二流国になり果ててしまうのでしょうか。
  • 遊ぶ奴ほどよくデキる!
    人生に遊びをどうくみこんでいくか、これについて考えていた自分にはドンピシャの内容

    ・計画的に遊びの予定を立てる
    ・教育に関して、全て公立で学費を浮かすと言う考え方もある。マイカーもいらない
    ・自分にとってのマイセン(=本当に欲しいもの)にお金を使おう




    本場に行こう

    数行でいいから趣味日記...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!