大前研一の作品一覧

「大前研一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大前研一(オオマエケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1943年02月21日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:評論家

早稲田大学理工学部卒、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。『「見えない税金」に怒れ』で第49回文藝春秋読者賞を受賞。著書に『21世紀維新 栄える国と人のかたち』、『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 』、『マッキンゼー 現代の経営戦略』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2023/11/30更新

ユーザーレビュー

  • 考える技術
    考える技術
    著:大前 研一
    講談社文庫

    日本企業では往々にして過去の成功体験や経験則に基づく、思い込み、がビジネスを支配している
    知的に怠惰な人間は生き残れない
    マッキンゼーの日本支社長までやった筆者の問題解決のための手法

    気になったのは以下

    ■問題解決のための思考

    問題を解決するために、私...続きを読む
  • 経済参謀 ~日本人の給料を上げる最後の処方箋~
    一貫して先を見る力が次のビジネスに必要である。そして国ではなくマーケット別に考えるところは今更ながら気付かされました。一つの業界の習慣にのまれないように先を見る力!
  • 日本の論点2023~24――「超円安」「分断化」を生き抜くリスキリング革命
    日本の論点。 政府や企業に頼るだけではこの先の未来は見えなくなる。 もしくは考えなくなりますね。それだと国力もそうですが、自分自身が楽しい毎日を送れなくなりますね。 そうならないためにも、自分で仕事をするなら何をするかを明確なビジョンを持つべきだと改めて思い起こされました。
  • 第4の波 ~大前流「21世紀型経済理論」~
    久々の大前さんの著書を読みましたが、何十年経とうとも今の最先端を体験して自分の言葉で話す力は年齢は関係なく興味を持つと言うことを体現していますね。 私も行動しないと!
  • 日本の論点2023~24――「超円安」「分断化」を生き抜くリスキリング革命
    ●HKよりも遥かに為になります。国内の政治の相談役やアジア諸国で外交アドバイザーをやられていただけあって、文章に説得力があります。

    岸田さんになって外交力が益々落ちたこと、アメリカに追随するのではなく、国として意志を持って外交して欲しいと思った。日本の政治はトンチンカンで期待できないと再認識した。...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!