大前研一 世界の潮流2018~19

大前研一 世界の潮流2018~19

作者名 :
通常価格 1,188円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【内容紹介】
30万部を超える『日本の論点』シリーズに続く、2018~19年の世界を分析した大前研一氏の渾身の作。
大前氏は、世界の経済・政治・産業を以下のように分析します。
経済をみるとお金を刷りさえすれば景気はよくなるといった状況ではなくなりました。政治においては、独裁色の強いリーダーが目立ってきています。産業界は、クラウド、モバイル、IoT、AIといった新しい技術が急激な進化を遂げています。

中国の台頭やアメリカにおけるユニコーン企業の登場といった新しい変化に、日本はどのような対応をしていけばいいのでしょうか。
大前氏は「21世紀は変化のスピードが激しく、たとえいまは良くても明日は自分自身が危機に陥る危険性をはらんでいる。今見えている世界から未来を読む必要がある」といいます。
「この本では、自分の見えている世界が展開されているので、この本を読んだ後は、自分自身の頭で日本と世界について考えてみてほしい」というのが、今の大前氏の願いです。
これからの世の中がコンパクトに分析されていますので、是非、ご一読頂けると幸いです。

【目次抜粋】
まえがき
第一章 世界経済の潮流――世界中が低欲望社会に
第二章 世界政治の潮流――政治リスクが高まっており、二〇一八年は不安定に
第三章 世界産業の潮流――クラウド・モバイル・AI隆盛のIoT時代へ
【質疑応答】

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
168ページ
電子版発売日
2018年04月13日
コンテンツ形式
EPUB

「大前研一 世界の潮流2018~19」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月10日

さすが大前研一さん 世界の情勢をコンパクトに教えてくれる
1.世界 通貨供給量88兆$>GDP75兆$ 2008年リーマン後
  アメリカ経済に牽引されて、中国の高い成長が、新興国成長へ波及
  米国も金融緩和出口に向かうが、大きなショックはないだろうと大前さんの見立て
2.投資機会の喪失 シェアリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月15日

ずっとそれこそ20年前くらいから名前は知っていたが初めて読んだ。新社会人になったばかりの友人Jが昔貪り読んでいた記憶がある。内容のほとんどが経済用語や政治の話でもちろん難しいが少し知識として頭に入れるだけでも、次から頭に引っかかってくるだろうと思う。もちろんそれだけでは何にもならないが…。経済につい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月24日

2018年の年初の時点での世界情勢を「経済」「政治」「産業」の三つの観点でまとめられている。全体的に浅く広く俯瞰的に語られているが、重要なテーマやキーワードをきちんと押さえているため、ビジネスパーソンとして最低限の知識を知っておきたいという人にはピッタリな一冊だと思う。全体的にボリュームも多くなく、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月25日

一旦世界情勢を整理したいなという安易な発想で探し、大前研一さんならと思い購入。

感想。論点がよくわかりました。購入して良かったです。大きく、経済、政治、産業の三部構成に分かれ、かつ各国毎の小分類に分かれていて、ポイントが記憶に残りやすい。

備忘録
・低欲望社会。
・深圳に世界中から起業を目指す人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月09日

こういう時流分析ものは、出版されるころには趨勢変化ぎ顕著になっていたりして色褪せ感は拭えない。ただ大前さん独特の本質を見据えた鋭い洞察に根ざした知見は一読の価値あり。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!