「三浦綾子」おすすめ作品一覧

「三浦綾子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三浦綾子(ミウラアヤコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1922年04月25日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

旭川市立高等女学校卒。1964年朝日新聞の懸賞小説に『氷点』で入選。『塩狩峠』、『道ありき―青春編』、『銃口』『泥流地帯』など数多くの作品を手がける。『氷点』、『積木の箱』など映画化、ドラマ化になった作品も多数ある。

作品一覧

2016/09/30更新

ユーザーレビュー

  • 三浦綾子 電子全集 泥流地帯
    自分の出身地にこんな文学あったのをちゃんと知らなかったのが悔しい。
    ひたむきに生きる人物たちの試練に、自分の生き方を考えさせられる。自然の前に無力な人間。でも、そこに立ち向かい恩恵をえる人間。生きることとは試練に立ち向かうことなのかな。
    知り合い全員に勧めたい一冊。
  • 三浦綾子 電子全集 塩狩峠
    北海道出身でありながら、旭川に通っていながらなんで今まで読んでなかったんだろうと悔みます。
    伸夫の生き様。信仰の力。小説という娯楽でありながらも深く考えさせられ、かつ感動を味わえる一冊。葛藤しながらも自分なりの信仰を貫く姿に心を打たれました。自分にとってのバイブルになりました。
  • 塩狩峠
    北海道出身でありながら、旭川に通っていながらなんで今まで読んでなかったんだろうと悔みます。
    伸夫の生き様。信仰の力。小説という娯楽でありながらも深く考えさせられ、かつ感動を味わえる一冊。葛藤しながらも自分なりの信仰を貫く姿に心を打たれました。自分にとってのバイブルになりました。
  • 氷点(上)
    この話は、いろいろな登場人物の視点から描かれた物語であるため、人間の心の中に潜む妬みや恨みが露わになった一冊だと感じた。
    また、陽子と継母の夏枝の気性は対照的に描かれているとも思った。根が明るく周りまで照らすような雰囲気をもつ陽子に対して、夏枝は自らの美しさに陶酔しているふしがあり、啓造の行動にいち...続きを読む
  • 三浦綾子 電子全集 氷点(上)
    この話は、いろいろな登場人物の視点から描かれた物語であるため、人間の心の中に潜む妬みや恨みが露わになった一冊だと感じた。
    また、陽子と継母の夏枝の気性は対照的に描かれているとも思った。根が明るく周りまで照らすような雰囲気をもつ陽子に対して、夏枝は自らの美しさに陶酔しているふしがあり、啓造の行動にいち...続きを読む

特集