「中川淳一郎」おすすめ作品一覧

「中川淳一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/10更新

ユーザーレビュー

  • ネットは基本、クソメディア
    この著者の本はいつも面白い。
    クソメディアの情報はもとから読まないのでどんなにクソかが良く分かった。

    例えば,
    北九州観光の「コタツ記事」を書いた人;あれだけ明確に誤りを指摘されても修正しないんだ;いい度胸してるというかアホ過ぎ;
  • バカざんまい
    養老先生は「人間同士が理解しあうというのは根本的に不可能である。理解できない相手を人は互いに“バカ”と思う」と著書「バカの壁」で喝破した。

    中川淳一郎は、この考えを更に深耕し、この世に蔓延る、ありとあらゆるバカを捕獲しては片っ端から鋭いツッコミで成敗していく。

    例えば…
    無難なコメントしか言えな...続きを読む
  • 縁の切り方 絆と孤独を考える(小学館新書)
    ネットニュース編集者41歳による人間関係の考察。題名からすると7、80の著名人が書いてそうだったので意外かつためになった。
    自分のアメリカ高校時代、婚約者の自殺、友人への金の貸与(踏み倒され)などを赤裸々に綴り、本当に大事な家族、仕事仲間だけを守れれば、他の関係はこちらに理があり長期的なダメージがコ...続きを読む
  • ネットのバカ
    バカ発見器と揶揄されるtwitter、facebookのリア充自慢、企業アカウントのつまらなさなど、ざくざく切り捨てる展開が刺さる。暴論のようで正論。その論の後には焼け野原しか残らないかといえば、冷静な分析もあって不思議と希望めいた気分を抱かせる。うーむ、なんか抽象的な感想になってしまった。

    確か...続きを読む
  • ウェブはバカと暇人のもの~現場からのネット敗北宣言~
    これを読んで「WEB-PR」に目覚めました。

    他のWEBPR、戦略PR系の書籍とは異なり、
    「普通にPV稼ぐにはこういうことよ」な内容が具体的かつ、詳細かつ、俯瞰的に記述されています。

    今でも、バイブルとして会社の引き出しにしまい、迷った時に見直しています。