「勝川俊雄」おすすめ作品一覧

【勝川俊雄】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/05更新

ユーザーレビュー

  • 魚が食べられなくなる日(小学館新書)

    日本近海での漁獲量が少なくなっているのは、温暖化などではなく、国が無策だからだと。世界的に漁業は伸びてきていると。ノルウェーでは、日本のニシン漁を引き合いに出して、継続して漁業を続けるために、量から質の漁業に変換したと。日本政府などに対する著者の怒りが良くわかった。行政、漁協が協力的でないのなら、国...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 魚が食べられなくなる日(小学館新書)

     日本の漁業が一人負けしてる事実を記した衝撃の一冊。

     実は日本ではどんどん魚が撮れなくなっている。それは温暖化や中国の台頭などとは全く関係ない。世界の漁業が好調な中、日本の漁業だけが一人先細りしている。
     それは漁獲制限ができずに魚を取りすぎてしまからだ。行政と政治家と漁師の三すくみが変革を阻ん...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 魚が食べられなくなる日(小学館新書)

    マグロ、ウナギだけではなく、ホッケやニシンも、日本人が無計画に獲りすぎて、水産資源を損なってしまっている実態が書かれている。水産政策の無策がこの状態をつくった。クジラなども含め、水産政策でお役所の言うことは信じることが出来ない。思い切った禁漁など、抜本的な対策をしないと、ほんとうに「魚が食べられなく...続きを読む

    Posted by ブクログ