和田秀樹の一覧

「和田秀樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:和田秀樹(ワダヒデキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年06月07日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家、大学教授

東京大学医学部卒。精神科医、臨床心理士など肩書は多数。『試験に強い子がひきつる本 』、『テレビの大罪』、『35歳からの玉の輿道』などそれぞれの立場から執筆した数多くの著書がある。初監督作品である長編映画『受験のシンデレラ』のノべライズも手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/05/25更新

ユーザーレビュー

  • わたし、虐待サバイバー
    ニュースとか見てると、今虐待されてる子供たちのことだけを虐待の被害者と思ってしまうけど、大人になってからも虐待の後遺症って残るんだな。初めて知った。すごく勉強になった。
  • 感情的にならない話し方
    自分が求めていたタイトル名、中古本屋でゲット♪
    自分と照らし合わせながら読んでみたら、ホント図星、図星!でびっくり。
    そうそう、完全にその通りですと!否定出来ず、恥ずかしくなってしまった。
    しかし、この中古本だが、出会えて良かった。感謝♪
  • 【無料小冊子】図解版 なぜ、あの人は“人付き合い”が上手いのか
    本当によく付き合いの上手いというか人から好かれる人と言うのは周りにいたのでこの本を読んで納得した。性格診断みたいなのもあってよかった。
  • この国の冷たさの正体 一億総「自己責任」時代を生き抜く
    「自己責任」という言葉があります。

    もちろん自分の責任で物事を処理しなくては
    ならない事態とういうのは存在します。

    しかしテロリストに誘拐されても、体が不自
    由なため周りに少しばかり迷惑をかけてしま
    っても「自己責任」でなんとかしろ、と言っ
    てくる世間があります。

    この自己責任という言葉は思考...続きを読む
  • 親ガチャという病
    ■生きづらさの果てにあるもの、その究極形態の一つが自殺といえる。
     自殺した本人の遺書や遺族らへの聴き取りをもとに厚生労働省が集計した過去10年間の自殺原因・動機別の統計がある。それを見ると成人の場合、ずっと「健康問題」が第1位であるが、20歳未満ではその割合が年々減少し代わって「学校問題」が第1位...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!