和田秀樹の一覧

「和田秀樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:和田秀樹(ワダヒデキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年06月07日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家、大学教授

東京大学医学部卒。精神科医、臨床心理士など肩書は多数。『試験に強い子がひきつる本 』、『テレビの大罪』、『35歳からの玉の輿道』などそれぞれの立場から執筆した数多くの著書がある。初監督作品である長編映画『受験のシンデレラ』のノべライズも手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 感情的にならない気持ちの整理術ハンディ版
    バカな私にも読みやすかった :-)
    内容もそうですが、書き方、見せ方も。

    区切りが短いので途中で中断しやすく、
    いつでもサクッと読めました。
    まぁ、そーゆー物を好んで選んでますが。

    後味も良かったので、また和田先生の
    他の本も読んでみたいと思いました。
  • うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた
    メンタル疾患持ちの視点から
    著者メンタルハッカーよっしーさんの「効果があったこと」「なかったこと」をまとめた本

    当事者でないと解りにくいこと
    周りに解ってもらえる人、頼れる人がいなかった私にとって
    間接的でも解ってもらえた(そうそう)という感覚を感じられたこと、
    解っていても、解ってもらえないとい...続きを読む
  • やってはいけない健康診断 早期発見・早期治療の「罠」
    ★4.7(4.20)2018年3月発行。毎年受けていた健康診断が日本だけの奇習だったとは。というか、健康診断の正常レンジというのが、学会がいい加減に基準値を定め、それを外れた人を病人呼ばわりして、薬漬けに。その際たるものが高血圧。75歳以上の人は血液を脳に届けるため180以上の人が一番長生きすると。...続きを読む
  • うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた
    うつを経験した著者が、症状の改善のために自身が試したことを効果と難易度でマッピングしたもの。
    1テーマあたり10ページ程度でまとまっており、気軽に読むことができる。
    このマップは著者の経験をもとにしているため、もちろん個人差はあるが、一度自分でこのようなマップを作ってみるのもおすすめ。
  • 孤独と上手につきあう9つの習慣
    ものすごく今の私に心が響いた本。

    子育てをしていると、ものすごく孤独を感じる時がある。
    でも、この寂しさを何で紛らわしたらいいのか分からなかった。
    この本を読んで少し救われた気がした。


    近くに1人でもいいから、
    心から話せる人を作りたいと思った。

    頭で話すのではなくて
    素直にココロから話せる...続きを読む

特集