エリートの創造-和田秀樹の「競争的」教育論

エリートの創造-和田秀樹の「競争的」教育論

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「さまざまな形で、エリートはたしかに崩壊している。表面化している不祥事以上に、愛国心の欠如という形でのエリート精神の崩壊というさらに重大な問題も潜行している。(中略)日本にとって、エリートが国を引っ張る形が本当に望ましい形なのかどうかについては、私自身、若干の疑問を感じないわけではないが、少なくとも、「私」を捨てて国に尽くす人間の必要性は信じている。そういう意味では本書は、私自身のエリート論、愛国論と考えていただければ幸いである。」
本文「はじめに」より 著者

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
280ページ
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

エリートの創造-和田秀樹の「競争的」教育論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    エリートとは何か
    今、エリートと呼ばれている人達に対する信頼が崩れている。
    それはなぜなのか?

    日本社会でそのようなことが起きている背景にはどのようなことがあるのか?

    日本のエリート、世界のエリート

    エリートとエスタブリッシュメント

    その教育の仕方、育ち方の違いなど

    本当のエ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    エリートってそもそもなんだ??
    国を引っ張っていくアツい人??冷静で賢い人??特権意識丸出し??

    「エリート」崩壊の現状では、「エリート」の例として官僚、医者、警察、教授、東大等の高学歴者について書かれている。
    あと「エリート」と「エスタブリッシュメント」の違いとか、諸国の「エリート」比較、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【目的】

    【引用】

    【感じたこと】

    【学んだこと】
    自己愛を満たす。
    ノーブレス・オブリージュ。
    内的動機の高い人には外部の賞罰は必要ない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています