中村淳彦の一覧

「中村淳彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中村淳彦(ナカムラアツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1972年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

専修大学経済学部卒。企画AV女優のインタビュー集『名前のない女たち』が累計25万部のベストセラーとなる。2013年には、『崩壊する介護現場』を執筆。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/22更新

ユーザーレビュー

  • 新型コロナと貧困女子
    中年男性が次の貧困化のターゲットになっていたなんて思いもよらなかった。定年45歳社会が始まったら良かったのに。女性や若者を犠牲にして団塊世代高齢者達は経済的に豊かに暮らしていたんだね。
    この本に出てくる貧困女子たちは私の金銭感覚と違い過ぎて驚いた。数百万稼いでも足りないなんて、本当に大変だね。でも使...続きを読む
  • 東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか
    読むと引き込まれる。自分は今貧困ではないがここに書いてある人を何ら特別な状況と思わない。貧困が寄り添っていることを感じる。それが今の生きづらさや閉塞感にすら繋がっているとも思う。この世の中、生きていくことは本当に難しいことだ。今ある状況を幸せに思う。
  • 東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか
    分量が多いので、読むのに時間がかかった。
    奨学金の恐ろしさを考えさせられた。奨学金はビジネスであり、返済を見据えて貸りることが大事だと思った。また、見えない貧困や非正規雇用などの社会問題を他人事だと思わずに、国や行政にもっと関心を持とうと思った。
  • 東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか
    誰でもいつでも貧困へ転落する可能性があることをむざむざと感じさせられた。女性ばかりが扱われた本だったが、現状を考えれば男性にもあり得る。日本の社会制度は、男性を家父長として専業主婦の女性と将来的に両親を養うための子供たちという家族構成が前提となっている。様々な家庭環境がうまれ、増えてきている現状、例...続きを読む
  • 東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか
    必要とされている保育士や介護業界で働くほど貧困になることに驚いた。自分は正社員で貧困とは無縁と思っていたけれど、高学歴でも離職を機に貧困になってしまう。年齢を重ねるほど貧困になる。身寄りがなければ尚更だ。
    明日は我が身だと思い知らされた。