新型コロナと貧困女子

新型コロナと貧困女子

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新型コロナウイルスの拡大で全国に「緊急事態宣言」が発令された。最も打撃を受けているのが、風俗、水商売、アダルトビジネスに従事する女性たちだ。もともと貧困層が多かった地下経済の主役たちは、コロナショックでいったいどんな状況にあるのか。貧困層の動向をウォッチングし続けてきた中村淳彦氏が緊急取材。女子大生風俗嬢、ネカフェ女子、シングルマザーら、貧困女子たちの生の声をレポートする。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年06月25日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新型コロナと貧困女子 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月10日

    中年男性が次の貧困化のターゲットになっていたなんて思いもよらなかった。定年45歳社会が始まったら良かったのに。女性や若者を犠牲にして団塊世代高齢者達は経済的に豊かに暮らしていたんだね。
    この本に出てくる貧困女子たちは私の金銭感覚と違い過ぎて驚いた。数百万稼いでも足りないなんて、本当に大変だね。でも使...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月08日

    新型コロナウイルスの拡大に伴い「夜の街」が問題視されている。
    ただ、夜の街で働く人々を生んでいるのは他でもない自分達であり、メディアは強者の理論を用いて夜の街を非難していることに気づかされた。

    貧困にならざるを得ない社会システムが目の前にあり、夢や希望を持った若者、特に女性は性的搾取を受けることが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月09日

    もともと貧困で何とかやりくりしていたのが、新型コロナで立ち行かなくなった話。
    次のターゲットである中年男性がコロナで命拾いとなるか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています