職業としてのAV女優

職業としてのAV女優

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

業界の低迷で、100万円も珍しくなかった最盛期の日当は、現在は3万円以下というケースもあるAV女優の仕事。それでも自ら志願する女性は増える一方だ。かつては、「早く足を洗いたい」女性が大半だったが、現在は「長く続けたい」とみな願っている。収入よりも、誰かに必要とされ、褒められることが生きがいになっているからだ。カラダを売る仕事は、なぜ普通の女性が選択する普通の仕事になったのか?
長年、女優へのインタビューを続ける著者が収入、労働環境、意識の変化をレポート。求人誌に載らない職業案内。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2012年07月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

職業としてのAV女優 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月21日

    サブカルとしてのAV。職業自体は否定しないが、最近の日本はやり過ぎでは?と思う事もしばしば。女の子がAVに憧れるような要素は、教育上の観点からも持たせてはいけないし、そもそも、不倫を肯定しない倫理観やセクハラ、ジェンダーなどの文化要素とは基本的に相容れない職業である事は、自覚せねばなるまい。つまり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月23日

    結構読み応えがあったし、勉強になった。
    ・AVも今は健全な業界に変わってきている
    ・単体・企画単体・企画というヒエラルキーがある
    ・志願しても14%しか合格しないし、なったとしても稼げるのはごく一部

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    風俗関連記者によるAV女優の実態を記した本。AV業界にくわしく、特にAV女優への取材を以前から続け、その実態を明らかにしている。業界の80年代からの変遷が理解でき参考となった。AV女優一人一人に様々なドラマがあることがわかった。
    「不景気で収入源を補おうとする女性から、好奇心や刺激ほしさの女性まで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    1990年〜2010年代にかけての業界の激変と不変の因習

    はっきり言って興味本位で手にしましたが、内容は理論的なビジネス書風、淡々とした業界ルポです。
    著者のスタンスは、AV女優寄り、意外にもプロダクション、メーカーには厳しいといったところ。

    長い不景気の影響を受けて、業界は短期間に大きく変容を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    中村淳彦 著「職業としてのAV女優」、2012.5発行。1990年代と2000年代後半以降では、AV女優の意識に大きな変化が(社会の反映でもある)。「たくさん稼いで早く足を洗いたい、バレたら困る」から「できるだけ長く続けたい、希薄になった後ろめたさや恥ずかしさ」。現在新人AV女優は毎年6000人誕生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月07日

    AV女優になる人は自己承認欲求が高い。さらけ出した自分を求めてくれる人がいる、ということがやり甲斐になる。

    AV女優に、又は引退したAV女優に精神疾患を抱える人が多いのは、AV出演が及ぼした影響ではなく、本人のバックグラウンドによるものである。

    今までの人生で寂しい思いをしてきた人が多い業界であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月11日

    文字通り、AV女優という職業について丹念に記した一冊。

    以前より業界全体が健全化されてるとはいえ、やはりハードルは高く、軽い気持ちで足を踏み入れる業界ではないことを再認識した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月07日

    決してHな本ではありません。あくまでも「職業」としてどういうものかと語れた1冊。
    なかなか華やかようで、普通の「職業」なんですね。それでいて、アイドルやモデルのような芸能界とも違うというね。
    男ならお世話にならない人はいないけど読み終わると見かた変わって楽しめくなるは

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月27日

    とても詳しくわかりやすく書いてあってとてもよかった
    AV産業の変遷、現状を客観的に記してありどういった流れで女性が行くのか追体験できた。

    女性の弱いところをうまく利用している感じ
    不況であることは間違いない、上のランクから単体、企画単体、企画というランク。

    承認欲求、好奇心、単なるセックス好き。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月08日

    タイトル通りの本。
    昔と今では業界も違うし、女優の意識も違う。見る方にとっていいのかどうかは別として。
    で、才覚のある、見目のいい人には決して悪い就職先とは言い切れない。
    もっとも、誰でも脱げば金になるという時代はとっくに終わっていることも事実。
    引退した後の路にも、ふた通りあるのも過酷な事実。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています