東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この本に登場する女性は、あなたの娘や妻かもしれない!

東洋経済オンライン2億PV突破の人気連載、待望の書籍化!

風俗で学費を稼ぐ女子大生、明日が見えないシングル派遣社員、子供たちの未来を奪うシングルマザー……、
貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き集めたノンフィクション。

いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    重さ一万トンのルポタージュです。実際に数多くの貧困女性にインタビューをした内容を纏めているので、頭でっかちな貧困論ではありません。それだけに読んでいて足が地面にめり込んで行くような重さの本です。
    現在女性や子供の貧困率が異常に多くなり、特に母子家庭の貧困率は50%を超えています。筋金入りの母子家庭出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月11日

    1.
    なぜ、女性ばかりが差別される社会になったのかを考える
    性業界に足を踏み入れる理由を考える

    2.貧困層の女性をフォーカスし、なぜ貧困層に陥ったのか、なぜ性業界に足を踏み入れたのかを述べています。
    きっかけは、親族や夫からのハラスメントと金目的の2択になります。そこからさらに深掘りし、それぞれの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    東京貧困女子

    yasumi-takayanagi 2019年08月16日

    衝撃的な内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月18日

    壮絶すぎる人びとの人生の流転。他人語ではなく、明日のわが身にも起こりうる今の社会情勢。これが先進国と呼ばれる国の実態、新自由主義のもたらした負の面か。人生とは、綱渡りなのか……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    東京での貧困女子の事なのですが、
    私は勘違いをしていました。
    勝手な思い込みなのですが、もっと裕福なのかと
    思っておりました。
    真面目で素直な方ほど泣きを見る。
    そんな日本いつからそうなったんだろう…
    報われない…どうしたらいいのか…
    読んでいて絶望しか見えない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    こんなに貧困な女子がいるのかということに驚いた。
    自分自身、正規雇用ということもあって、私の周りには正規雇用の友人しかいない。だから、非正規雇用者が6割もいて、正規雇用の方が少ないという現状に驚くとともに、自分はとても恵まれた環境で生活できていることを実感してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月25日

    社会に蔓延る格差と性差別により、女性は少し足を踏み外しただけで転落してしまい、セーフティネットにもろくに引っ掻かれない日本の現実を描いた大作ルポ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月06日

    読んでいて思ったのは、私や子供達は、如何に恵まれた環境で生活をしているか

    親からの支援と奨学金だけではやりくりすることも出来ず、パパ活する大学生。
    奨学金を悪用する父親。
    親から虐待を受けて育った子供。
    元夫からのDV。
    精神疾患等々、読むたびに絶望的になり、気分を切り替えるため他のことに興味を持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月28日

    苦しい。読んでいてとても苦しい本だった。
    あまりの苦しさに途中読む手を止めた程。
    何とか最後まで読み切ったけど、やっぱり苦しい。

    「東京貧困女子」というタイトルの響きから想像していた内容は、チャラチャラした贅沢志向の女子がお金欲しさに風俗に落ちていくストーリーや、無知で努力不足の女子が定職に就けず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    この本を読んでなお、こころのどっかには自己責任では?という気持ちがあることを認めざるを得ない。
    でも、同年代の女性として生活する私がそういう感想を抱くことが一番残酷なんだろうなとも思う。階級が違うから、本当の貧困はわからないのでは?と言われてしまえば否定はできない。

    >>恵まれた環境と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています