東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

この本に登場する女性は、あなたの娘や妻かもしれない!

東洋経済オンライン2億PV突破の人気連載、待望の書籍化!

風俗で学費を稼ぐ女子大生、明日が見えないシングル派遣社員、子供たちの未来を奪うシングルマザー……、
貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き集めたノンフィクション。

いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
東洋経済新報社
シリーズ
東京貧困女子。シリーズ
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    ー いったい日本は、東京は、どうなってしまうのだろうか。たぶん、どうにもならない気がする。東京の貧困女性たちのさまざまな声に耳を傾け、こうやって文章化することで通り検証したが、ほぼほぼ国の制度と法律改定が原因だった。あとは男性からの暴力と精神疾患だ。自分なりに一生懸命に生きていたが、理不尽に追い詰め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月17日

    想像以上に重たい内容で脳裏に焼き付いて離れない。
    一歩間違えば、誰しもが陥る貧困。
    そして、貧困は再生産される現実。なぜこうなってしまうのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月17日

    日本の貧困の現実が個人に焦点を当てて書かれていて、衝撃が大きい。自分の生活してる周りにはいないけど、確かにこういう生活をしている人がいること、自分もそうなる可能性があることを知っておくべき。生まれたときの環境や国の制度によるところも大きく、どうすればいいんだと思ってしまう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月12日

    児童手当、傷病手当、児童扶養手当やその他諸々いろんな手当金や制度があることは分かったのですが、私は日本の社会制度が分からないので勉強したいと思いました。特に衝撃的なだったことは、障害者の親は子供を育てる権利がないと遠回しに役所の方から言われたというところです。私は納得がいかず悲しくなりました。こんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    貧困

    決して他人事ではない
    以前お付き合いしていた女性に
    2人の子持ちシングルマザーがいたが
    彼女も金銭的な苦労は絶えないと言っていた

    元夫からの養育費は途中から支払われなくなり
    国からの支援金も微々たるもの
    自分の洋服などはもう何年も買えていない

    交際中はよく子ども達も連れて食事に行っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月23日

    軽い気持ちで手に取ったが内容があまりに重く衝撃を受けた

    書きたいことが多いので項目を分けて書く

    ・日本社会の主役は誰?
    日本社会の主役が中年男性や高齢者になっている様に見える
    どちらの数が多くまた若者に比べて声が大きい傾向にあると考えているため仕方ないといえば仕方ない
    国会中継など観てもはっきり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月09日

    ◆貧困は、経済的貧しさ・病気・希薄な人間関係・孤独・救済制度の知識不足など、ネガティブな要素が重なり深刻さを増す。
    ◆家庭を持って子どもを育てるために一度レールから離れた女性に厳しい現代社会。
    ◆貧困を生んでいるのは、ほぼほぼ国の制度と法改正が原因だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    読むと引き込まれる。自分は今貧困ではないがここに書いてある人を何ら特別な状況と思わない。貧困が寄り添っていることを感じる。それが今の生きづらさや閉塞感にすら繋がっているとも思う。この世の中、生きていくことは本当に難しいことだ。今ある状況を幸せに思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    分量が多いので、読むのに時間がかかった。
    奨学金の恐ろしさを考えさせられた。奨学金はビジネスであり、返済を見据えて貸りることが大事だと思った。また、見えない貧困や非正規雇用などの社会問題を他人事だと思わずに、国や行政にもっと関心を持とうと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    誰でもいつでも貧困へ転落する可能性があることをむざむざと感じさせられた。女性ばかりが扱われた本だったが、現状を考えれば男性にもあり得る。日本の社会制度は、男性を家父長として専業主婦の女性と将来的に両親を養うための子供たちという家族構成が前提となっている。様々な家庭環境がうまれ、増えてきている現状、例...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング