今井良の一覧

「今井良」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/29更新

ユーザーレビュー

  • テロvs.日本の警察~標的はどこか?~
    もはや様々な技術が進歩したことにより、
    日本は安全な国とはいいがたくなりました。
    洗脳され、狂気に満たされた
    テロリストは時として、我々の思いもよらぬ
    行動をとることがあります。

    いわゆるローンウルフ型のテロリストです。
    組織にも所属していない、
    思想に感化されて狂ったパターンですね。
    こういうパ...続きを読む
  • 警視庁科学捜査最前線
    非常に興味深い本。
    私は防犯カメラ設置推進派。
    家の中を見られる訳ではないので,プライバシーの問題は気にする必要はないと思うけど。。。
  • 警視庁監察係(小学館新書)
    警視庁担当記者の著者が、知られざる警視庁監察官と警察官の実態を紹介。
    監察という、警察組織の中でも一般人にはかなり縁遠い存在について、理解を深めることができた。実際にあった監察が関わったいくつかの事案を深掘りしており、特に、警視庁捜査一課長の私生活上の不祥事の事案や、まだ未解決の国際テロ捜査情報の漏...続きを読む
  • 警視庁監察係(小学館新書)
    警察小説は好きだが監察を題材にしたものは少ない。これはノンフィクションなだけにリアルで対象になった警察官の人生を考えるとなかなか重い。淡々と事実を述べて推理の余地もないが読み応えがある。
  • 警視庁監察係(小学館新書)
    警察官からもっとも嫌われる警察官。それは警務部人事一課監察係に所属する警察官たちである。不祥事を犯した職員に気付かれないよう、密かにそして速やかに証拠となる事実関係を裏付けていき、対象者の処分を行い、組織の綱紀粛正を図る。それも、できるだけマスコミの目に触れないように。つまり、組織防衛が最大の任務な...続きを読む