溝口敦の一覧

「溝口敦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:溝口敦(ミゾグチアツシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1942年07月05日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:記者

早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞、日本ジャーナリスト会議賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞の3つの賞を受賞。その他著書に『暴力団』、『詐欺の帝王』などがある。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年6月号

作品一覧

2020/05/09更新

ユーザーレビュー

  • 教養としてのヤクザ(小学館新書)
    ヤクザの思考特性が興味深かった。警察から逃れられるように法律めっちゃ読むところとか、いかに楽して稼ぐのを考えるところとか、ある種逃れ続ける人間にとっては参考になる。衰退に向かう存在とは言え、アンダーグラウンドの怖さがなくなる社会もそれはそれで締まりがないような気もする。
  • 詐欺の帝王
    今なお正体が定かでない,2chで有名なオレオレ詐欺集団のトップ,工藤明夫と思われる人物を取材した本.詐欺の内容が興味深かったこともさることながら,溝口敦の取材力に驚いた
  • 新装版 ヤクザ崩壊 半グレ勃興 地殻変動する日本組織犯罪地図
    半グレが大きな社会問題になっている。半グレは振り込め詐欺や危険ドラッグ、凄惨な暴力事件、タカリなど市民生活を市民生活を地獄に陥れる犯罪の主役になった。危険ドラッグなどの薬物は思考能力や倫理観を減衰させ、犯罪に手を染めさせることにも使われる。

    半グレの半は正真正銘の暴力団構成員ではない半端者という意...続きを読む
  • さらば! サラリーマン 脱サラ40人の成功例
    20190717


    40人の脱サラ起業家たちのエピソードがサラッと紹介されている。

    どれも小規模事業で、収入的には厳しそうだが、サラリーマンをやめて後悔している人は居ないようだ。

    老後の不安を払拭しながら自分の城を持つことはやりがいがあるのだろう。

  • 溶けていく暴力団
    溶けていく暴力団。溝口敦先生の著書。暴力団や反社会的勢力の現状をわかりやすく解説した良書。溝口敦先生の取材力と文章力の高さには感嘆するばかり。