溝口敦の一覧

「溝口敦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:溝口敦(ミゾグチアツシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1942年07月05日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:記者

早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞、日本ジャーナリスト会議賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞の3つの賞を受賞。その他著書に『暴力団』、『詐欺の帝王』などがある。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年10月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 山口組四代目 荒らぶる獅子
    決して反社会組織を肯定し賛美するような代物ではない。
    溝口先生の書物を読むのは2冊目だが、あくまでも我々が知らない世界の事実だけを伝えるものである。

    驚かされるのが、その取材量である。
    生まれ故郷の旧友や恩師にまで取材しており、そこから起こされる文章はあたかも実際に見てきたかのような内容である。
    ...続きを読む
  • 教養としてのヤクザ(小学館新書)
    ヤクザと基本的人権・憲法の話は面白かった。

    ラベルで暴力団を排除した先には何があるのか。
    何でも有りのアングラ組織や海外マフィアの世界ならないように、警察のバランス感覚を望む。
  • 喰うか喰われるか 私の山口組体験
    正直なところ作者については暴力団もの専門ライターと思っていてまともに先品を読んだことがなかったのだけど「食肉の帝王」を読んで感銘を受けたのと本作の世評も高いので手に取ってみた。山口組のルポタージュで世に出て、その後にいくつか書いた内容の一つが気に食わないと山口組から攻撃を受けるハメになり自身はもとよ...続きを読む
  • 細木数子 魔女の履歴書
    某氏を番組降板に追い込んだ(とされる)本。
    まあ見たまんまの人物。
    この溝口という人は度胸あるなあ。
  • 教養としてのヤクザ(小学館新書)
    「教養としての〜」という意味は、ヤクザと
    いうものを一つの産業というか、業種として
    考えた場合に、現代社会の中でどう位置付け
    されていて、これからどういう未来が待って
    いるかを知る行為を指しています。

    もちろん反社会的勢力では有りますが、実は
    オレオレ詐欺グループとは一線を画している
    点などは、意...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!