山口組三国志 織田絆誠という男
  • 値引き

山口組三国志 織田絆誠という男

作者名 :
値引き価格 495円 (450円+税) 8月20日まで
通常価格 990円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

いま、日本最大の暴力団で何が起きているのか? 分裂、再分裂を繰り返す山口組が抱える「恨みつらみ」の相克30年史と若き改革者・織田絆誠任侠山口組代表の実像と野望に迫った、著者だけが書けるヤクザルポの極北!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α文庫
電子版発売日
2018年09月21日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

山口組三国志 織田絆誠という男 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月08日

    面白く読めた。たしかに頭がよくきっとなにか人を惹き付けるものがあるのだろうと思う。
    ただ、年間何億もの実入りがあるのに数千万の上納金に不満というのは今一つ腑に落ちない。
    勿論、それだけではないのだろうけれど。
    同床異夢。同じ代紋を付けてはいるものの違う夢を見ているんだろうなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    3つに分裂した山口組を、5代目体制から振り返って辿る。これを読むと任侠の織田代表を応援したくなるが、あまりに良く描かれすぎていて、真実はもう少しグレーなんじゃないかとも思えてくる。
    それにしても、ヤクザの権力争いを見ていると会社組織のそれとまったく一緒で、組織一般が持つ特徴なんだなぁとしみじみ思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています