暴力団

ノンフィクション 13位

暴力団

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

なぜ暴力団はなくならないのか?学歴、年収、出世の条件とは?覚醒剤や野球賭博でどのように儲けるのか?女はヤクザになれるのか?なぜヒモが多いのか?刺青や指詰めのワケは?警察との瘉着は?ヤクザが恐れる集団とは何か?出会った時の対処法とは?その筋をも唸らせた第一人者が、時代ごとに変化し、社会の裏で生き延びる「わるいやつら」を、やさしく解き明かす「現代極道の基礎知識」。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
204ページ
電子版発売日
2012年03月09日
紙の本の発売
2011年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

暴力団 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    最近のとあるニュースで気になり手に取った。
    みかじめ料など、暴力団ならではのワードが分かりやすく書かれている。
    とりあえず、暴力団の世界では「一般市民を攻撃することはタブー」であることを確認できてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    やくざ取材の第一人者、溝口敦による暴力団の解説本。まず文体がですます調で拍子抜けする。2011年の発行だが、2020年現在もさほど状況は変わっていないと思われる。暴力団の構造、暴対法による影響などが繰り返し説かれる。やくざの全体数が減り半グレが暗躍する理由や、香港の暴力団組織の構造も興味深い。もっと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    勧められて読んだが、なかなかおもしろかった。暴力団の内実、代替勢力「半グレ集団」など社会の動きもわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    暴力団について、その道の第一人者が書いた一冊。

    暴対法によって大分衰えたとはいえ、今もなお存在する暴力団や半グレ集団について知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    暴力団とマフィアの違いを学ぶとことで今の日本と、今後日本がどうなって行くかについて深く考えさせられる作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月06日

    です・ます調の文体は読みにくかった。あとがきを見ると、著者の意図があったそうな。頭の中で「である」調にして読み進めたけど。暴力団の概論なんだろうな。今後の半グレ集団の動向が不気味だと感じた。著者とそのご子息が暴力団員から加えられた危害は、背筋が冷たくなるのと同時に、ジャーナリスト魂に尊敬の念を抱いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    The 暴力団入門。

    暴力団ってどういうもの?という疑問に適切に答えてくれる。


    個人的には、現在の暴力団が陥っている苦境や、「半グレ」との差異がよく分かり、興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月04日

    そもそも暴力団とはどういう組織で、具体的にどういったことをしているのか、内部の人間関係はどうなっているのか?こうした暴力団のいわば基礎知識について記述したのが本書であり、暴力団についてまったくのど素人、任侠映画も見たことない、でもその実態を知りたいという自分のような人間向け。

    印象深かったのが暴力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月08日

    中立の立ち場から淡々と暴力団についての説明をしている。
    入門書的ながらもその内容は幅広く網羅的で、日本の暴力団についての全体像がつかめる構成となっている。
    淡々とドライに書いているところが長所ではあるのだが、そのドライさがやや物足りなさを感じさせるのも事実であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月16日

    暴力団とは何か、どのような仕組みでどのように稼いでいるのかなどが、とてもわかりやすくしっかりと書かれている。また暴対法、半グレについても触れられている。特に暴対法以降の暴力団の姿について。

    このレビューは参考になりましたか?

暴力団 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 暴力団
    660円(税込)
    なぜ暴力団はなくならないのか?学歴、年収、出世の条件とは?覚醒剤や野球賭博でどのように儲けるのか?女はヤクザになれるのか?なぜヒモが多いのか?刺青や指詰めのワケは?警察との瘉着は?ヤクザが恐れる集団とは何か?出会った時の対処法とは?その筋をも唸らせた第一人者が、時代ごとに変化し、社会の裏で生き延びる「わるいやつら」を、やさしく解き明かす「現代極道の基礎知識」。
  • 続・暴力団
    660円(税込)
    暴力団排除条例は、新たな恐怖の始まりだった。殺傷される市民、襲撃される企業、私刑される警察官……条例施行後に頻発する兇悪事件。なぜ一般人が狙われるのか? 福岡で兇行が連続するワケは? 警察はなぜ無力なのか? 新しいシノギや殺しの手口とは? 組長や現役幹部がその裏事情を激白! 有名芸能人との癒着、半グレ集団の肥大化、出合った時の対処法など、誰もが知らないではすまされない「現代極道の最新知識」。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

暴力団 に関連する特集・キャンペーン