「円城寺雄介」おすすめ作品一覧

「円城寺雄介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/05更新

ユーザーレビュー

  • 県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦(小学館新書)
    入庁してからしばらく、配属先がほとんど同じような経歴なんですよね。それだけで親近感が湧きました。しかし、「やる気」と「問題意識」の違いで、こんなに差が出るんでしょうね。だんだん虚しくなっていきました。
  • 県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦(小学館新書)
    前例踏襲ばかりの公務員の中で普通ではないこと、前例のないことを逆境に負けず成し遂げた筆者の覚悟と行動力には驚かされた。筆者の凄いところは、前例や既存の制度を全否定するのではなく、まずは前例や既存の制度を学び、その上で変えなければならないところは変革させるというところ。決して物事を変えることを目的にし...続きを読む
  • 県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦(小学館新書)
    佐賀県の地方公務員が救急医療にiPadを導入して全国的な変革のうねりをつくった話。
    一介の公務員でも何かを変革できるって勇気付けられるし、努力のプロセスを追体験できて学ぶところも多い。著者の考えは変革ありきでなく、公務員の仕事の意義についてなども共感できる。
  • 県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦(小学館新書)
    読み進んでいた、わくわくします。
    不可能と思えることを、粘り強く、根気よく、決してあきらめることなく、取り組む姿勢は公務員ならずとも、勇気づけられます。
    決してスーパーではない(本人曰く)一公務員が成し遂げてきた救急医療は、今全国に広まってきています。
    著者の生き方には、大変感銘を受けました。自分も...続きを読む
  • 県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦(小学館新書)
    ◆序章:はみだす覚悟が世の中を変える

    たとえ周りが何と思おうが、どんな評価をされようが、いい仕事をするために挑戦していけるのが、公務員の最大の魅力。

    仕事を成し遂げることで、後々の人たちのためになり、世の中で救われる人、笑顔になる人が増える。そういった公のためになることを、困難に立ち向かって突破...続きを読む