「梅原大吾」おすすめ作品一覧

「梅原大吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:梅原大吾(ウメハラダイゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年05月19日
  • 出身地:日本 / 青森県

プロ・ゲーマー。『勝ち続ける意志力: 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』、『勝負論 ウメハラの流儀』などの著書がある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    ・変化し続けること、絶対に昨日と同じ位置にいないこと。どんな小さな変化でもよいから、昨日と違うことをすること。

    ・人の目を気にしていては、いつまでたっても自分の生き方ができなくなる。夢を諦めてしまう。諦めなければ叶うわけではないが、人の目を必要以上に気にする必要はない。

    ・自分の中でこうすれば良...続きを読む
  • 悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

    ビジネスに効く本

    Pinterestに登場する名言格言とあわせて読むと、と言うか思い出しながら笑い転げて一気読み。
  • 悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
    慶応義塾大まで行って「学校はいらない」というちきりんさんと
    中卒でプロゲーマーなのに「学校は絶対行った方がいい」という梅原さんの対談。

    悩みどころは誰にでもあるが、どこで逃げるか。そしてその逃げも本質的に「逃げ」なのか。
    諦めることと、捨てて一つを極めることの線引きの難しさ、息苦しさ。
    かなりおも...続きを読む
  • 勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)
    勝ち続けるというのは、毎日自分が成長する実感を持つ事、そのことこそが幸せにつながる、という事をわかりやすく何度も説明してくれる本。ウメハラさんの本は過去に数冊読んでいるけど、個人的にはこれが一番面白かった。周りの評価を気にすると周りに自分の価値観をコントロールさせる事にもつながるわけで、自分自身がき...続きを読む
  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    筆者と同世代です。当時を思い返してみて、格闘ゲームが職業として成立するということに驚きを感じたとともに、ここに書いてある筆者の歩んできた道のりと思考力には、書店に並ぶどんなビジネス書よりも価値のある力強い言葉がたくさんあるように思えます。

特集