「梅原大吾」おすすめ作品一覧

「梅原大吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:梅原大吾(ウメハラダイゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年05月19日
  • 出身地:日本 / 青森県

プロ・ゲーマー。『勝ち続ける意志力: 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』、『勝負論 ウメハラの流儀』などの著書がある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)
    勝ち続けるというのは、毎日自分が成長する実感を持つ事、そのことこそが幸せにつながる、という事をわかりやすく何度も説明してくれる本。ウメハラさんの本は過去に数冊読んでいるけど、個人的にはこれが一番面白かった。周りの評価を気にすると周りに自分の価値観をコントロールさせる事にもつながるわけで、自分自身がき...続きを読む
  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    筆者と同世代です。当時を思い返してみて、格闘ゲームが職業として成立するということに驚きを感じたとともに、ここに書いてある筆者の歩んできた道のりと思考力には、書店に並ぶどんなビジネス書よりも価値のある力強い言葉がたくさんあるように思えます。
  • 1日ひとつだけ、強くなる。
    自分を客観視して分析し続け、1回の勝ち負けにこだわらない仕組みを構築しているのがすごい。沢庵和尚の不動智神妙録と似てることを言っている。たまげた。
  • 勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)
    カリスマプロゲーマー梅原氏から、深い内省の結果生み出された言葉の数々。結果的には、古典的な自己啓発書に書いてある内容とそれほど変わらないのだけれど、古典を引用し解説した学者の本とは全く異なり、ガツンと心に響いてくる。

    自身の頭で考えて、生み出された言葉の力を強く感じた。
  • 悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
    ちきりんさんとプロゲーマーのウメハラさんの対談本。様々な問題についてまったく考え方が違う二人が、対話を続ける中で人生の課題に対して意見をまとめていく、みたいな構成の本で個人的にはすごく楽しめた。この対談を通じてお二人自身の人間の幅が広がっていくのを読み取れるのも面白い。そして読者もこの本を読むことで...続きを読む

特集