梅原大吾の一覧

「梅原大吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:梅原大吾(ウメハラダイゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年05月19日
  • 出身地:日本 / 青森県

プロ・ゲーマー。『勝ち続ける意志力: 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』、『勝負論 ウメハラの流儀』などの著書がある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/22更新

ユーザーレビュー

  • 勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)

    勝つ事とは、成長する事

    人間にとって成功とは何なのかという、哲学的なテーマを追求していった仮定を描いている。
    そして得た結論が「成功とは、成長し続ける事」だ。
    作者の実体験に裏付けられているので、説得力がある。

    わたしがこの本の中で最も惹かれたのは、作者の人生観、勝負観に強い影響を与えた二人の人物の話だ。
    一人...続きを読む
  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    天才ゲーマー梅原さんのこれまでの道のりや苦悩挫折、思考法について書かれた本。ゲームの世界を離れ、麻雀や介護の仕事など「寄り道・遠回り」をしていた過去があったこと、最初からゲームの世界で頂点を目指すことを目標にしていたわけではなかったことについては意外であった。結果を出す人の思考法はゲームであれどの分...続きを読む
  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    正直、もっと天才肌のクールな人物を想像していたが、良い意味で裏切られた。クレバーな語り口ではあるが、そこに人一倍の努力を積み重ねて来たことで言葉に重みがあった。
  • 1日ひとつだけ、強くなる。
    ストレスコントロール、アンガーマネジメント、内発的動機付けと成長、ミクロとマクロの視点といったテーマ(個人的な解釈)をプロゲーマーでの経験を通じて抽象化して語られた読みやすい本。

    “小さな成果は、誰も評価してくれない。だから、自分のやっていることは誰よりも自分が評価しなくてはならない。”というのが...続きを読む
  • 勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
    プロゲーマー 梅原大吾さんのお話。
    世界のトップまで上りつめる人の思考を知ることができる1冊。

    印象的だった部分
    ・極めるまでとことん取り組む姿勢
    ・運の話 
    ・一度ゲームからはなれて介護職についたこと

    そしてちょっとしたセンテンスだったが、今の自分に一番響いた箇所は
    「その努力は10年続けられ...続きを読む