「PHP新書」おすすめ作品一覧

「PHP新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2017/09/25更新

「PHP新書」の作品一覧

子どもの「心の病」を知る
  • ブラウザ試し読み

進化する中国系犯罪集団
  • ブラウザ試し読み

新選組日記
  • ブラウザ試し読み

東大卒プロゲーマー
  • ブラウザ試し読み

棒を振る人生
  • ブラウザ試し読み

蒋介石が愛した日本
  • ブラウザ試し読み

読まない力
  • ブラウザ試し読み

高校生が感動した物理の授業
  • ブラウザ試し読み

最新版 「うつ」を治す
  • ブラウザ試し読み

戦後経済史は嘘ばかり
  • ブラウザ試し読み

NEW
羽田空港のひみつ
  • ブラウザ試し読み

クイズ王の「超効率」勉強法
  • ブラウザ試し読み

原発難民
  • ブラウザ試し読み

気にしない技術
  • ブラウザ試し読み

戦国時代の計略大全
  • ブラウザ試し読み

戦国時代の大誤解
  • ブラウザ試し読み

共感する脳
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • コミンテルンの謀略と日本の敗戦
    衝撃的な本。日本が戦争に引きずり込まれたのはコミンテルンの謀略だけではなく、内部からの自滅もあったというのは実に納得の出来る説。いまだに総括すら出来ていないのは歯痒くて仕方がない。
  • ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
    アメリカの愛国心とは違うかもしれないが、日本に誇りを持っています。詫びサビや一歩ひくこと、和を大事にすることなど愛すべき国民性です。
  • コミンテルンの謀略と日本の敗戦
    日本の敗戦の陰にコミンテルンのスパイが跳梁跋扈していたと。
    まあ今でも共産主義革命を目指すコミンテルンのDNAは残ってますからね。

    沖縄を見るまでもなく平和主義を訴える人ほどなぜ暴力的なんでしょうね。
    自己の思想と合致しない表現には徹底的に攻撃を加えて言論を封じる。
    それはコミンテルンが共産主義革...続きを読む
  • なぜ日本人はとりあえず謝るのか 「ゆるし」と「はずし」の世間論
    先日、不本意ながら謝るという出来事があった。そこから学んだことも多かったんだけど、そもそも謝る、謝罪って何なのだろうと思い、タイトルに「謝る」という言葉が入っているこの本を見つけた。
    日本の独特な「世間」のことを書いている。日本には欧米的な「個人」や「社会」がなく、その代わりに「世間」があると。そこ...続きを読む
  • ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
     日本を深く理解したいと努力してきた著者が日本人が持つべき誇りと気概をつづった作品。

     戦後20数年後に生まれた自分はまさに戦後の自虐史観の洗脳を受けた世代であり、この文章を読めたことにとても感謝しています。

     特に最近は昭和の時代にとても興味というか、もっと勉強しなければ今の時代はないと思って...続きを読む

特集