倉山満の一覧

「倉山満」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:倉山満(クラヤマミツル)
  • 生年月日:1973年10月18日
  • 出身地:日本 / 香川県

中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学。著作に『嘘だらけの日韓近現代史』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/05/12更新

ジャパニズム 33
  • 試し読み

ジャパニズム 37
  • 試し読み

ジャパニズム 32
  • 試し読み

ジャパニズム 38
  • 試し読み

ジャパニズム 34
  • 試し読み

ジャパニズム 36
  • 試し読み

ユーザーレビュー

  • 救国のアーカイブ 公文書管理が日本を救う
     歴史の内容については今まで学んできたが、その根拠となる「文書」について、ひいてはその管理術であるアーカイブについて学んだことはなかったので、本書はとても新鮮でかつ勉強になった。
     「日本の近現代史の議論は、文書学の知識を差し置いていきなり中身の話ばかりするからおかしなことになっている」から、説得力...続きを読む
  • ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法
    ウェストファリア体制の意味が良くわかる。ちょっと乱暴だけど分かりやすい語り口で説明がなされている。

    グロティウスがやりたかったことは、殺人が当然だった世界、すなわち、異教徒や異宗派は人でないから殺して良いという世界から、暴力の独占主体を国家(王様)にして、貴族や教会から暴力を取り上げて、その同格の...続きを読む
  • 新装版 お役所仕事の大東亜戦争
    前の本も読んだのに、新鮮な気持ちで読める私…。
    タイトルは物騒だけど、実際は日露戦争が終わってから大東亜戦争に負けるまでの内閣の動きを解説した本。
    「賢人の知恵」を無理やり入れた感はあるけど…。

    最後はなんか映画のエピローグを見ているようなカタルシス?がありましたわ…。

  • 若者に伝えたい 英雄たちの世界史
    チンギスハーンやコロンブス、ナポレオンなど、世界の英雄と日本の繋がりを書いた本。
    世界の英雄を、といいつつ日本の偉人や、世界との関わり(大体が危機)が訪れた時に、その時日本はどう対応したか、ということが分かる本。最後は日本が中心になり、昔の日本人が危機にどうやって立ち向かって行ったのかがわかる本。
    ...続きを読む
  • 若者に伝えたい 英雄たちの世界史

    知らなかった英雄の姿

    これまでの学校教育で教わった人物と背景を、日本と世界の視点から同時並行に読み解けたのはとても新鮮でした。
    馴染みのある人物行動が、世界の情勢を踏まえた上で見るとより凄みを増し、より尊敬する想いが深まりました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!