救国のアーカイブ 公文書管理が日本を救う

救国のアーカイブ 公文書管理が日本を救う

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

Q:公文書管理なんて地味な学問が重要なんですか

A:馬鹿を言ってはいけません。
公文書管理が国を救うというのは決してオーバーな話ではないのです。

■最重要の安全保障からインテリジェンス
■尖閣諸島、北方領土、尖閣をはじめとする領土問題
■従軍慰安婦、南京事件などの歴史戦
■森友学園、黒川騒動、そしてコロナ(武漢ウイルス)

……そんな、あらゆる問題も
公文書管理という学問がわからなければ、始まらない

風説をバラマキ、自粛を強要し、若者から青春を奪い、自営業者を破綻に追い込み、女性を自殺に追い込み、それでもなお国民を苦しめる自称専門家、保身のみで動く政治家、省益のみで働く官僚。

国民を家畜扱いする権力者に立ち向かう武器でもあるのです!!!


<日本がなぜアーカイブ後進国なのか>
岩倉使節団は図書館と博物館を持ち帰ったが、文書館は持ち帰らなかった!?
アーカイブから日本人の公とは何かも解説する!!


【著者プロフィール】
倉山満 (くらやま みつる)
香川県生まれ。憲政史研究家。
著書に、『若者に伝えたい 英雄たちの世界史』『バカよさらば プロパガンダで読み解く日本の真実』(小社刊)、『2時間でわかる政治経済のルール』(講談社)、『史上最強の平民宰相 原敬という怪物の正体』(徳間書店)など多数。
現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」や「チャンネルくらら」などで積極的に言論活動を行っている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ワニブックス
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年05月12日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
26MB

救国のアーカイブ 公文書管理が日本を救う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

     歴史の内容については今まで学んできたが、その根拠となる「文書」について、ひいてはその管理術であるアーカイブについて学んだことはなかったので、本書はとても新鮮でかつ勉強になった。
     「日本の近現代史の議論は、文書学の知識を差し置いていきなり中身の話ばかりするからおかしなことになっている」から、説得力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月31日

    アーカイブ(公文書管理)学問が我国に定着していないばかりに、世界に伍して戦える土台が無い日本
    目次から
    ■最重要の安全保障からインテリジェンス
    ■尖閣諸島、北方領土、尖閣をはじめとする領土問題
    ■従軍慰安婦、南京事件などの歴史戦
    ■森友学園、黒川騒動、そしてコロナ(武漢ウイルス)
    全ての問題は公文書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています