竹田恒泰の作品一覧

「竹田恒泰」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:竹田恒泰(タケダツネヤス)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:東京都
  • 職業:作家

慶應義塾大学法学部法律学科卒。『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞。著書に『現代語古事記 天皇の物語』、『笑えるほどたちが悪い韓国の話』、『日本人はいつ日本が好きになったのか』などがある。

公式X

作品一覧

2022/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 旧皇族が語る天皇の日本史
    日本は権力者はNo.2、権威者がNo.1という伝統がある。藤原氏、平清盛、鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府、ずっと天皇を利用しても天皇そのものにはなろうともしない。

    日本の強さは政治が揺れても、もっと言えば政変が起きてもNo.2が変わるだけで、No.1は変わらないからびくともしないこと。ずっと日本とい...続きを読む
  • アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む
    単なるアメリカ叩きではなく、歴史の1ページとしてこれからの人類が冷静な解釈をしていくとしたら、こういう手法で解釈するだろうな。とても勉強になった。
  • 天皇の国史
    日本は天皇の知らす国。
    いい言葉かも。(もちろんそれだけとは言い切らないけども)
    天皇が”象徴”になったのは戦後からだと思い込んでたけど、天皇はずっと象徴であって日本の心だったんだと思えた(愛国者ではない。)。

    天皇家を話の中心に据えた歴史書。
    途中からは歴史のテキストのつもりで読んだけど、その時...続きを読む
  • 日本の礼儀作法 宮家に伝わる7つのおしえ(マガジンハウス新書)
    皇族や華族の礼儀作法を学ぶことができました。面白い具体例も描かれていて、分かりやすかったです。箸の上げ下げが人生を変えるというところが面白かったです。
  • 天皇の国史
    非常に読みごたえがあった。知らない事が沢山あり、とてもためになったが、微妙に違う点も幾つか見られた。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!