藤原正彦の一覧

「藤原正彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:藤原正彦(フジワラマサヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1943年07月09日
  • 職業:大学教授

東京大学大学院理学系研究科修士課程数学専攻修了。1977年『若き数学者のアメリカ』でデビュー。著作に『国家の品格』などがある。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年9月号

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • 遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―
    イギリスに住んでいた人の目線から見た、風変わりなイギリス人のものの考え方や日本との文化の差についての言及が非常に多く、観光者としてではなく居住者としてその土地の人びとと関わらないと見えてこない外国の側面が描写されており、非常に興味深く読むことができた。特に第十二章でイギリス特有のユーモア感覚について...続きを読む
  • 日本人の誇り
    中高生などこれからの日本を牽引する世代には是非一度読んで頂きたいと感じた。
    自分でも今一度近現代史を勉強してみたい。
  • 国家と教養(新潮新書)
    自分の内面を高めてくれたり、高められそうな本に出会えた時ほど、幸せを感じられる時はない。
    この本には、ありがとうと言いたい。
  • 遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―
     私にはイギリス人が、何もかもを知ったうえで、美しい熟年を送ろうとしているように見えた。彼等は、年輪を重ねた自分達が、テニスチャンピオンになったり、マラソンで世界新記録を樹立することが、できないのを知っている。ならば、騒々しく、生き馬の目を抜くような、軽重浮薄で貪婪な若者であるより、気品あり、知恵も...続きを読む
  • 国家の品格
    2005年に話題になった本です。
    タイトルは存じてましたが、今になって初めて読みました。

    この年末年始、ゴーンさんの海外逃亡や中東で再び戦争が始まりそうな情勢といったニュースが飛び交うタイミングで、この本を読む機会を得たのは「なにかの巡り合わせなのかな?」と思うほど、本書で著者が懸念する事態と、現...続きを読む