御厨貴の一覧

「御厨貴」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年8月号

作品一覧

2020/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 徳富蘇峰 終戦後日記 『頑蘇夢物語』
    此頃ハ秋ノ夜長ニ夢ヲ見ル日清日露戦役ノ事
     徳富蘇峰

     先月、初代宮内庁長官による昭和天皇の「拝謁記」が公開され、話題となった。戦後の詳細な資料で、戦争への後悔や反省、退位の可能性の言及等もあったという。

    象徴ではなく、君主的な思いが吐露されたもののようだが、戦後の1945~46年、その君主と...続きを読む
  • 平成風雲録 政治学者の時間旅行
    【すべての政治課題は等価におかれる。そして解決へむけて一斉に進んでいく。メディアはその断片を捉えながら安倍政治の実態に迫ろうとする。しかしなかなかその実態を把握しえない。なぜか。今やそのメディアも含めて、政治を論じるのではなく、政治を消費するからなのだ】(文中より引用)

    実務の分野でも活躍する政治...続きを読む
  • 政治家の見極め方
    戦後政治史をスピーディーになぞりつつ、昔と今でどのように政治の在り方が変容していったか、そしてこれから国民は政治とどのように向き合い、どのように政治を盛り上げればいいかを説いている。「政治の話は難しくてめんどくさい」と思っている人(つまり私だが)に向けた語り口で、まず「なぜ難しくてめんどくさいのか」...続きを読む
  • 「昭和天皇実録」の謎を解く
    掛けた歳月24年5カ月、総ページ数12,000ページ。87年に渡った昭和
    天皇 の生涯を綴った『昭和天皇実録』の編纂が終了し、今上陛下に
    奉呈された のが2014年9月。

    そして、今年3月から一般刊行が始まった。早々に予約をしたのは
    いいが、 全19巻を5年かけて刊行することを予約語に知って愕然...続きを読む
  • NHKさかのぼり日本史(2)昭和 とめられなかった戦争
    浅くもなく広すぎも深すぎもせず、ちょうどいい塩梅の量と質の良書。何があったかではなく何故そうなったかという視点が、近代史を知るうえで、また将来に生かすために、とても重要なポイントだと思う。中学2年生の3学期の社会科の授業では本書を読ませるだけで十分だろう。