「昭和天皇実録」の謎を解く

「昭和天皇実録」の謎を解く

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

最強メンバーは1万2000ページに及ぶ
激動の記録をどう読んだか?
初めて明らかにされた幼少期、軍部への抵抗、開戦の決意、聖断に至る背景、
そして象徴としての戦後。天皇の視点から新しい昭和史が浮かび上がる。

第一章 初めて明かされる幼年期の素顔
第二章 青年期の栄光と挫折
第三章 昭和天皇の三つの「顔」
第四章 世界からの孤立を止められたか
第五章 開戦へと至る心理
第六章 天皇の終戦工作
第七章 八月十五日を境にして
第八章 “記憶の王”として

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
304ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

「昭和天皇実録」の謎を解く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月21日

    掛けた歳月24年5カ月、総ページ数12,000ページ。87年に渡った昭和
    天皇 の生涯を綴った『昭和天皇実録』の編纂が終了し、今上陛下に
    奉呈された のが2014年9月。

    そして、今年3月から一般刊行が始まった。早々に予約をしたのは
    いいが、 全19巻を5年かけて刊行することを予約語に知って愕然...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月04日

    「実録」の編纂者の中に「エース」の存在を仮定し、その人物の思考を考慮しながら読み解いていく点に興味を持った。
    まだ手を付けていないが「実録」を読む楽しみが増えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月01日

    -2015/09/01
    ①特別攻撃隊の戦果報告を聞いた裕仁天皇は、「そのようにまでせねばならなかったか。しかし、よくやった」と語ったという。前半は天皇としての言葉、後半は大元帥としての言葉に裕仁天皇の苦悩があった。
    ②天皇はアメリカの短波放送で日本軍の所在を知る状態であったという。陸海軍が天皇に事実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月26日

    陛下のご本心を知ったからといって、今更何が変わるのか?ということはあるが、とはいえ戦前の厳しい御決断を迫られる局面での陛下の息遣いを、生硬な文書から読み解く試みは、好奇心を大いに刺激するとともに、既知の日本近代史の解釈に、別の視座を与えてくれる、非常に興味深い一冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月17日

    宮内庁が編集した『昭和天皇実録』は、単に事実を載せるだけではなく、どの様に昭和天皇を見せたいのかの意図が働いていると著者達は語っている。
    しかも重要な部分では”エース”が登場していると推測しており、宮内庁と著者陣との攻防も楽しめる。

    この様な著者陣の豊富な知識、洞察力があって初めて『昭和天皇実録』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    本文中にもあるように、この『実録』が編纂されたものであるなら、すべて鵜呑みにすることはできないけど、読みながら史料をもとにした戦争前後の考察の追体験ができておもしろかった。
    平成生まれの自分としては、昭和天皇は記憶に残る人物ではなく、歴史上の人物である。でも、幼少期や部屋に飾られた肖像のエピソードか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月29日

    立憲君主制下の君主として、ごく数回の例外を除いて明治憲法で定められた「あるべき君主像」を自らに課し、そしてそれが故に、軍部の独走を抑えられず、却って国土の荒廃と数百万の国民を犠牲においやってしまったナイーブでインテリな君主。戦争を実力で止めなかったが故に法的な責任を逃れえたが、一方で同じ理由で道徳的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月18日

    半藤一利氏、保阪正康氏、御厨貴氏、磯田道史氏4名が『昭和天皇実録』を読んでの感想を諸々述べている本。4氏の話の中から垣間見られる『実録』の内容からはとくに「新発見」の類はないようだが、新たな史料の存在も示唆されているようで興味深い(ただし、原本の公開は難しいのかも)。

    最後に保阪氏が「「昭和天皇は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    「昭和天皇実録」の第1巻、第2巻が書店に並んだとき、思い切って買ってみようかとかなり悩んだ。でも、今後刊行される分を含めてすべてを読み通すことは難しいし、読んでも十分理解できないと思い、この種の解説本を待つことにした。
    本書で取り上げられた部分は、大方の日本人が関心を持つ部分であり、既に知られている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月28日

    2014年に刊行された昭和天皇実録についての対談集。少年時代の遊びや叱られたこと、乃木希典への敬慕。欧州遊学。摂政として国の舵取り。熱河作戦の阻止失敗。2.26事件への対応と石原莞爾への不信。三国同盟と松岡洋右。開戦への気持ちの変化と軍部への不信。嘘の上奏ばかりで短波放送を聞いて情報を得る。終戦工作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「昭和天皇実録」の謎を解く に関連する特集・キャンペーン