岡本裕一朗の一覧

「岡本裕一朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 哲学の世界へようこそ。 答えのない時代を生きるための思考法
    章立てやその導入が小気味よい。
    「思考実験」についての著作よりも、思考の出発点としては本著の形式のほうがまとまりがよく、コラムとの連関もなめらかに感じる。

    議論の結論としては、確たる答えを導くことを目的としていないため大味に映るかもしれないが、個別具体的な事例について思慮を深めながら、哲学的論考の...続きを読む
  • ポスト・ヒューマニズム テクノロジー時代の哲学入門
    いつも岡本さんの本は面白くてわかりやすいなと感心しています。ポストヒューマニズムの思想を3つの思想の観点から紹介していて、ポストヒューマニズム入門書の決定版ですかね。
  • ポスト・ヒューマニズム テクノロジー時代の哲学入門
    ポストヒューマニズムに関してその概要や源流、今後ありうる発展の方向を掴むことのできる本
    そのため、ポストヒューマニズムをまだ知らない人や、初心者にオススメ。
  • アメリカ現代思想の教室 リベラリズムからポスト資本主義まで
    第一章のリベラリズムとリバタリアニズムについて、A、B、Cの例え話がとてもわかりやすいです。リバタリアニズムを理解するのにチェンバレン選手を例えに説明があり、併せてよく理解できました。各ページに載っている図もイメージが浮かび入門者の私としては、最後まで挫折せずに読み進めることができました。全体の概要...続きを読む
  • 教養として学んでおきたいニーチェ
    中高生でも読めきれるくらい易しいレベルだが、本質からずれることなくニーチェがどんな思想を持っていたのかがよく分かり、まさに教養として身につけるにふさわしい内容だった。

    ニーチェは次の2世紀(20、21世紀)はニヒリズムの時代と予言した。これまではキリスト教の世界観を軸に道徳形成がなされてきたが、ニ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!