いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日とは。AI、遺伝子工学、フィンテック、格差社会、宗教対立、環境破壊……世界の難問がこの一冊でクリアに解ける

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年09月19日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月30日

ポストモダン以降を①メディア・技術論的転回、②実在論的転回、③自然主義的転回に整理した上で、 IT、BT、資本主義、宗教、環境問題について個別に扱う。各章ごとのブックガイドが秀逸。マルクス・ガブリエル歳下かぁ。。。「天才」とはいえ、かなりショック。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月18日

5つの大きなトピックについて哲学がどのように関わっていて今の課題と話題について述べられている。「今」に比重があるので課題はどれも具体的なもの。そういう意味でわかりやすくとっつきやすい。脳科学、経済、宗教、環境、専門化、細分化しつつある中、ごちゃごちゃした感じの倫理や哲学の世界の見通しをよくしてくれる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月22日

哲学というと、ソクラテスだ、ヘーゲルだ、カントだと、古典のお勉強を連想しがち。それはそれで悪くないのでしょうが、元来は社会問題全般を扱う役割を担っていたはずの哲学には、もっと現実的な、現代社会の問題へのアプローチを期待したいし、現代の哲学者といわれる人たちの体温を感じることができる取組みを紹介しても...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月16日

著者の岡本裕一朗氏は、一般向けの新書も上梓している西洋近現代思想の研究家。
著者は、まず序章で、フーコーの表現を引用して、“哲学”とは「たった今進行しつつあることは何なのか、われわれの身に何が起ころうとしているのか、この世界、この時代、われわれが生きているこの瞬間はいったい何であるのか、われわれは何...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月15日

偉い人の話をつないでロジックを組まれているのでそれぞれの内容を理解していないと浅い理解に留まる。自分の教養レベルに応じて作者が伝えたいメッセージの深さが変わると思う。

自分は哲学の分野は(というより、”も”)教養レベルが高くないので、なるほどということで理解が深まることはなかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play