樋口裕一の一覧

「樋口裕一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/09更新

ユーザーレビュー

  • 頭がいい人、悪い人の話し方
    頭がいい話し方をするにはどうしたらよいか知りたい人には向かない。
    身近にいる、イラッとくる人を思い浮かべながら、なかなかその人に直接物申す訳にもいかず、もやもやしている人におすすめ。
  • 頭の整理がヘタな人、うまい人
    ライトな感じのタイトルと表紙だが、中身は非常に読み応えがあり実践的だった。
    日本人の論理力がなぜ乏しいのか納得したし、自分にも当てはまった。そして論理力がなぜ必要なのかも身にしみて感じた。
    「こんなはずではなかったと後悔するのは、それまできちんと論理的に人生を考えてこなかったツケ」
  • 差がつく読書
    読書を2つの方法に区分して解説している。それは、「実読」と「楽読」。実読では、情報発信することが前提の読書。楽読は楽しむ読書。実読の情報発信の方法についてもいろいろふれている。著者は読書をしていた時期は、1日1冊以上読んでいたというからすごい。
  • 差がつく読書
    身になる読書、
    だけれども決してそれ一辺倒ではない
    楽しむ読書のすすめも
    書かれていてそんなに堅苦しくはありません。

    で、この本中には素晴らしい言葉が
    書かれています。
    読書は悪徳の所業(といった具合)
    あらいやだー、私極悪人じゃないですかー(笑)

    恐らく私は無意識のうちに
    精読とそうでないこと...続きを読む
  • 「教養」を最強の武器にする読書術
    王道中の王道を往くブックリストだった。

    大抵、お勧め本を何百冊か選べと言われたら、奇を衒ったり色気を出したりして、皆が知らなそうな本・異色な本を色々と選びたくなるのが人情なのではないかと思う。

    しかし、本書は、そういうブックリストとは全く異なっていて驚いた。本当に直球なのだ。

    そのように、本書...続きを読む