イギリスの情報外交 インテリジェンスとは何か

イギリスの情報外交 インテリジェンスとは何か

作者名 :
通常価格 699円 (636円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

老練なイギリス外交の背後には、常にインテリジェンス活動があった。古くは16世紀のエリザベス王朝の時代からイギリスは秘密情報活動を続けており、映画「007」で有名なMI6は20世紀初頭に活動を開始し世界中に名を馳せた。そしてチャーチル首相は毎日のように届けられる暗号解読情報を「私の金の卵」と呼び重宝したのだ。本書は、近年公開された20世紀前半のイギリス情報関連史料をもとに、1940年代のイギリスが、対日極東政策を推し進めるにあたって、インテリジェンスをいかに活用し、外交成果に結実させたのかを明らかにする。1941年2月のイギリスでは、日本南進による「日英戦争」の可能性が大々的に報じられ、日英関係は一触即発の状況まで追い込まれる。そのときイギリスは、いかに日本の南進を抑止し、また極東問題に距離をおくアメリカを引き込むことに成功したのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
264ページ
電子版発売日
2018年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

イギリスの情報外交 インテリジェンスとは何か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    第二次世界大戦時のイギリスの対日情報活動に視点を当てて、イギリスのインテリジェンス機関やその意思決定プロセスに対する説明を織り交ぜながら、緻密に解説されている良書。
    素晴らしい研究をされておりますね。
    小谷さんの様な方が、ぜひ日本のインテリジェンス機関の第一線でご活躍頂きたいと願わずにはいられません...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月23日

    よかったぁ・・・
    「真っ最中」は良さに気付かなかったのですがコトが終わった後のピロートークな時間に絶頂を迎えさせていただいた感のある本です。要するに読後感が良かったと。
    極東危機より日米開戦前までの英国の動きをインテリジェンスの視点から考察する本。外交は価値観の違う相手とのやりとりなので難しく考えが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第二次大戦直前のイギリス外交が、インテリジェンスをいかに利用し外交政策に反映させていたかが良く分かる良書。著者の博士論文が下敷きになっているだけに完成度が高い。

    情報の入手過程よりも分析・評価・政策決定の描写に重点が置かれていたのが良かったと思う。政策決定者の視点の偏りによって獲得された情報の評...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月03日

    本書は戦前のイギリスの情報外交を分析した本である。日本帝国の南進をいかに食い止めるか。いかにアメリカを味方につけるか。当時、ドイツとの戦いにより、疲弊していたイギリスが唯一、情報を武器に生き抜く事が出来たのかをうかがいしる事が出来る。歴史を逆の立場からみる醍醐味が味わえて面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月31日

    イギリスがインテリジェンスをいかに国家戦略に活用したかを描いた良書。なぜイギリスがいまだに国際社会において重きをなしているかがよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月03日

    イギリス外交がどのようにしてWW1・WW2で直面した危機的状況を乗り切ったのか。
    主に日本・米国とのやり取りから考察している。

    外交において情報がどのような役割を果たすのか、影響を与えていくのか、それを知り、活用できたことが、イギリスの強さですよね。
    砲艦外交なんかが出来た強大な植民地帝国でしたが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第二次世界大戦中、イギリスはいかにして窮地を脱したのか。そのキーワードは「情報」です。情報がいかに重要であるかが、よくわかる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月11日

    まえがき
    第一章 インテリジェンスとは何か
     インフォメーションとの違い
     イメージ構築としてのインテリジェンス
     インテリジェンスと政策決定過程

    第二章 イギリスの対日情報活動
     人的情報源(HUMINT)と通信情報(SIGINT)
     英国秘密情報部(MI6)
     軍事情報部
     内務省保安部(MI...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第二次大戦中のイギリスの状況をまとめてある。

    どういう風に情報を収集して、
    どういう風に政策に反映していたか、
    そういう風に外交・戦争を優位に運ぼうとしていたか。

    あえて抜き出すほどのものはないけれども、
    著者はいろんな文献を読み込んでまとめてある。

    情報の活かし方がどれだけ大切か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています