小谷賢の一覧

「小谷賢」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/06/04更新

ユーザーレビュー

  • イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史(上)
    極めて面白い。ここまでやらないと中東では生き残れないのか、と。陰謀論の世界と隣り合わせの民主主義社会という、イスラエルならではの状況も垣間見える。
  • 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか
    少し歴史を知っている人であれば、ミッドウェー海戦の際に日本海軍の暗号が解読されていたことは知っているだろう。もう少し詳しい人であれば、山本五十六長官機が撃墜された海軍甲事件でも暗号が解読されていたことを知っているかもしれない。さらに詳しい人であれば、機密文書が流出した海軍乙事件についても知っているか...続きを読む
  • 日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争
    情報や諜報という定義について解説してから英国の情報取り扱い状況の説明
    開戦前の日米交渉を英国というプレイヤーを加味することにより見方が個人的には変わりました。40年は日本の出方が様々な要因で後手にまわったのを米国を引き込むことによりアジアでの対日優位を獲得する為にあれやこれやと。面白かった
    情報を精...続きを読む
  • 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか
    インフォメーションという断片的な情報を集めてそれをインテリジェンスという、最終判断にする。

    それが情報機関の役割なのだが、戦前の陸軍や海軍ではこの一連の流れが上手くいっていなかった。

    情報収集や防諜面では海軍よりも陸軍が徹底していたが、その陸軍にしても作戦部門を重視しすぎてせっかく集めた情報が無...続きを読む
  • 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか
    予想以上に読み応えのある内容だった。
    特に旧陸海軍が情報収集能力が優れていた事には大変に驚かされた。
    他にも「インテリジェンス」と「インフォメーション」の違いからインテリジェンスの活用方法など今まで知らなかった事があり、面白かった。
    [more]
    この本を読んで前々から思っていた事が確信に近づいた。...続きを読む