特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史

特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史

作者名 :
通常価格 3,300円 (3,000円+税)
獲得ポイント

16pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●日本は日米同盟を深化させ、「ファイブ・アイズ」加盟への道を進むのか。
●「自主防衛」を選び、インテリジェンス・コミュニティを完全に再構築するのか。
●あるいは中国との協調関係を選び、中国が反対するレーダーシステムや衛星の導入を抑制し、米国よりも中国と情報協力するのか。
* * *
冷戦終結後、日本の安全保障戦略家たちは日本のインテリジェンス改革に取りかかり、日本の安保組織を再構築しはじめた。
第二次世界大戦の完全な敗北、アメリカへの服従、国民の軍部不信といった戦後日本のインテリジェンス・コミュニティへの足枷が、どのようにして「新しい世界秩序」のなかで外され、2013年の特定秘密保護法と国家安全保障会議(NSC)創設に至ったのか。戦前から現在まで、日本の100年におよぶインテリジェンス・コミュニティの歴史を、インテリジェンスの6要素――収集、分析、伝達、保全、秘密工作、監視――に焦点を合わせて考察する。そして直近の改革が日本の安全保障にどのような結果をもたらし得るのか、過去の改革がどのような帰結だったのかを明らかにしていく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
504ページ
電子版発売日
2020年12月22日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
19MB

特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています