リチャード・J・サミュエルズの一覧

「リチャード・J・サミュエルズ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史
    戦前・戦中の「特務機関」に限らず、明治維新から現代まで日本の諜報への努力とそれに対する評価。
    ぶっちゃけ、邦題は「諜報」とか「インテリジェンス」の方が好ましいようにも思うが、現代が「スペシャル・デューティー」だから仕方ないか。

    そして、後藤田正晴と安倍晋三がキーマンなんだなと再認識するとともに、健...続きを読む
  • 3.11 震災は日本を変えたのか
    3.11によって日本の「安全保障」「エネルギー政策」「地方自治」はどう変わったのか、あるいは変わらなかったのか。国及び地方の政治家や各界の有識者たちの言動を掲げ、あるいはボランティア、自衛隊、米軍の活動を子細に検証しながら、客観的かつ明瞭な評価を示してくれる。3.11への対応は「復旧」という再建にと...続きを読む
  • 特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史
    多くの関係者インタビューをもとに、日本のインテリジェンスの歴史やその問題点を分析する良書。NSS立ち上げ後も内調とのアクセス争いがあることなど、収集・分析機関間の争いや政策との関係が引き続き問題であることがよく分かる。結局は、不確実性を含むインテリジェンスを政治家・政策部局がどれほど重視できるのかと...続きを読む
  • 特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史
    日本の諜報防諜活動の通史。
    個人の視野ですが類書は未見。
    類書を日本人が書いてない所が謎と言うか戦後日本の精神の歪みだと軽く絶望。
    戦前の特務機関の活動から戦後細分化され再出発した各情報組織の活動や繋がりを整然と著述。
    玄洋社東亜同文書明石小野寺土肥原中野小平青桐三島金大中別室ムサシ別班拉致米国支配...続きを読む
  • 特務(スペシャル・デューティー) 日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史
    日本における諜報の変遷を、アメリカの立場で検証している一冊。
    現在アメリカにとっての極東地域同盟国の一つ日本ですが、戦前戦中のアジアでは全ての白人国家と渡り合える唯一の黄色人国家でした。
    それには諜報・防諜の技術が必要であり、日本でも活用されてきました。
    本書の焦点は戦後の日本に当てられています。
    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!