「荻上チキ」おすすめ作品一覧

「荻上チキ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:荻上チキ(オギウエチキ)
  • 生年月日:1981年11月02日
  • 出身地:日本 / 兵庫県

東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。『未来をつくる権利―社会問題を読み解く6つの講義』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

作品一覧

2018/11/16更新

ユーザーレビュー

  • ブラック校則
    ブラック校則 理不尽な苦しみの現実。萩上チキ先生と内田良先生の著書。度を過ぎた理不尽な校則、ブラック校則は生徒に対する人権侵害そのもの。それを守らせなくてはいけない教師にとっても理不尽な苦しみを与えているだけ。文部科学省の指導体制に問題があると思う。
  • いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識
    読みやすくてとても実践的な本。いじめについてまず一番に読んで間違いない。

    俺はいじめはなくならない。とほとんど諦めていたが、なくなりはしなくても、重篤化、深刻化しないようにすることは可能だし、その取組が大事なのだとわかった。

    その具体的な方法も書かれていて、できることからやれそうである。

    苦悩...続きを読む
  • ブラック校則
    読もうとおもったきっかけは「ウワサの保護者会」で校則をテーマとして取り上げられていたのを見て。その時も著者の荻上チキさんが出演されていました。

    校則の問題といえば昭和世代に中学・高校時代を過ごした人なら「私たちの頃は確かに厳しかった。スカートの長さとかいちいちチェックされていたけど、今ってその頃に...続きを読む
  • 日本の大問題―――残酷な日本の未来を変える22の方法
    チキさんと私とは20年ほどの年齢差がある。それが影響しているのか否かはわからないが、今後の展望について見解の相違はあるものの、さすがチキさんと思う提言がいくつもあり、勉強になった。大きな相違は今後の経済成長をどう考えるという点だ。
  • いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識
    様々な視点から「いじめ」を分析している。分析だけで終わらずに「教師として」「大人として」どう対応していくのか、考えさせてくれる。

    「2+α制度」「ご機嫌な教室、不機嫌な教室」など、賛同することが多い。僕が学んできたことが、別の方向からも同じ視点で書かれていた。

特集