海老原嗣生の作品一覧

「海老原嗣生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~
    今話題のジョブ型雇用というものの問題点などを理解するための入り口で読むと良い本だと感じた。
    特に後半のキャリアに関する部分は自社の抱える課題と全く同じで非常に読み応えがあった。一通り読み終えたが、後半部分は再度読み直して、自身の理解を深め、業務に活かしていきたい。
  • 無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
    一人の部下を持つマネージャーとしてどう部下と向き合えばいいのかだけでなく、会社組織全体として、マネジメントはどういう意味目的を持つのか、会社経営にどうつながるのか、がわかりやすく解説されている良書。
  • 年金不安の正体
    高負担と高福祉は不可分である。理屈ではみなわかるはずなのに「トク」をしたいという根性から脱しきれないのが人の性である。政治「屋」は、「人の性」を反映して生きているのだから、結果として低負担と高福祉という偽りに目を背けて生きている。自分の可愛い子や孫に各自に重くなる負担をおしつけながら。
  • 人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~
    非常にわかりやすかった。
    日本と欧米の人事、働き方のちがい。
    すべて網羅にかかれていて、納得しやすい。
  • 人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~
    高齢者問題、女性問題、ワークライフバランス問題、ブラック問題、非正規雇用問題。
    残業代を高くするなど残業を規制する法律が必要

    本当のジョブ型はポスト型である

    広くどこでも使える知識と、業界内でしか使えない知識、経験がある。

    日本のメンバーシップ型雇用では誰もが階段を上り続けないといけない風な...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!