お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える

作者名 :
通常価格 880円 (税込)
紙の本 [参考] 885円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

日本企業がおこなっている新卒一括採用は悪なのか?  この一冊ですべてが分かる。

「お祈りメール」という言葉をご存知ですか。就職活動生に対して企業が不採用を告げるとき、
メールの末尾に、「今後のご活躍を“お祈り”しております」と、慇懃な定型文を付けること
から付いた、不採用通知の“愛称”です。
なかには何百回も“お祈り”されてしまい、人格を傷つけられたと思ってしまう学生も。

そもそも、「新卒一括採用」というのは世界では珍しい形態です。
なぜこの仕組みは成立したのか? 企業はなぜ日本型雇用に拘るのか? 
欧米のようにサービス残業の無いジョブ型社会にすれば良いんじゃないか?
 ――色々な声が聞こえます。果たして問題の核心とはなんなのでしょうか。
本書では歴史を振り返り、データをみて、海外と比較をした上で「採用問題」を解き明かします。

著者はドラマにもなったマンガ、三田紀房「エンゼルバンク ドラゴン桜外伝」に登場する
「雇用のカリスマ・海老沢康生」のモデル、海老原嗣生氏。
本作では新卒採用に焦点を絞って分析し、ついには大学改革まで視野を広げた決定版!
豊富な図版と平易な語り口で、難しいテーマが、この一冊でマル分かりです。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年11月18日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年06月10日

■日本では組織の末端に大量の空席ができる。だから新卒採用が可能。
■欧米企業の人材補充は経験者の中途採用が主で,新卒採用を行っている企業でも新卒採用者の比率は低い。欠員が生じた際に,職務内容を提示して当該職務の経験者を中途使用することが一般的である。
■世界でも稀な日本企業の「新卒一括採用」はこれま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月05日

タイトルはともかく、おすすめ。
就活の問題は、学業抵触、3年次の成績評価の組み込み可能性、留学阻害要因化。
日本、アメリカ、フランス+ドイツとオランダのシステム比較。
企業は就職ナビのオープン前に募集できない。ナビオープンで内定までどっと雪崩れる。大学の考査期間は一時休戦。説明会の繰り返しが学業阻害...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月26日

帯にあるように「恨まれてますよ」なので、メールの書き方をどうこう、、、という本ではありません。
海老原さんのいつものやり方で、その筋の「権威」な方や、それに乗っかるだけの乱暴な意見を、データでばさばさと斬ってくれます。
教育と雇用については、だれでも「経験者」として意見を言います。でも、大抵は浅はか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月25日

巷に溢れる就活改善方策のデタラメさがよく分かる。日本の大学生の就職は外国に比べれば簡単であることがよく分かる。分不相応な選択しなければ就職先はあるらしい。そもそも大学に行くべきでない人も多いのも問題だろう。

娘の就活の時に沢山お祈りメール来てたがなんとか就職できのが6年前?でもってすでに4回目の転...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月16日

 本当に新卒一括採用が問題なのか。海外のシステムをあげ日本の就活問題を考える。

 当然だが日本の新卒一括採用にはプラスの面もある。欧米型の採用と比べると、それぞれのプラスとマイナスがよく見える。
 新卒を逃すと一気に苦しくなるは実は嘘。大企業を目指さなければ特に問題はない。逆に欧米もエリートになる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています