「石原千秋」おすすめ作品一覧

「石原千秋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 大学生の論文執筆法
    レポート書けん!と大学三年目にしてわめきだした私に父から差し入れ。実際、形式に関してのヘルプページは少ないので「引用?」状態の人にとっては肩透かし、かも。形式くらい知ってるわと自負する私にとっては、新たな考え方に接することメインなのがうれしかった。筆者はたびたび自虐的な態度を見せたり、遊んでばっかの...続きを読む
  • 謎とき 村上春樹
    批評とは敬意を伴った行為、と小林秀雄が言っていたような気がする。

    村上春樹の作品の中から、あら探しをすることも意味のない行為ではないが、なぜ自分がこうも惹かれるのか、ということに、一つの枠組みを与えてくれたことは大きかった。

    村上春樹は分からない、という。私も言語化しにくい。そこが物語であり、文...続きを読む
  • 漱石と三人の読者
    自分自身の文学知識の無知に嘆き
    漱石の小説家としての試みに賞賛を送り
    それをみごとに読みといた石原千秋先生への
    敬意を表した一本でした。


    これは漱石一通りよんでから、また読みたくなる本です。

    また、漱石が生きた時代背景に関してもしっかり述べられているので、明治の文学史を漱石を基準に知りたい人に...続きを読む
  • 大学生の論文執筆法
    大学生向けということで、ほかの石原千秋の
    本よりくだけた文調で読みやすい。
    でも内容は濃い。よく文章構成について考えさせられた。

    あいかわらず辛口。
  • 大学生の論文執筆法
    論文執筆法を理解することで、論文を書くことに自信を与えてくれる一冊。注釈の書き方や引用の仕方を具体的に教えてくれるので、とても参考になる。