読者はどこにいるのか 書物の中の私たち

読者はどこにいるのか 書物の中の私たち

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私たちは本を読むとき、さまざまなことを期待している。その期待は満たされたり、裏切られたり、覆されたりする。そのとき、私たちはどういう読者なのか、どういう感性を持っているのか、そして、どこにいるのか―近代読者の誕生から百年。作品論・作家論、テクスト論、構造主義、ニュー・アカデミズム、カルチュラル・スタディーズ…文学研究と現代思想のトレンドの変遷を跡づけ、「内面の共同体」というオリジナルの視点も導入しながら、読む/書くという営為の奥深き世界へと読者をいざなう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出ブックス
シリーズ
河出ブックスシリーズ
電子版発売日
2015年03月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

読者はどこにいるのか 書物の中の私たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    石原千秋流「読書論」。著者の視点には、なるほどこんな読み方があるものか、といつも感心させられる。有名な作品の引用が多く、とっつきやすいと思う。が、ほとんどのストーリーを忘れてしまっているので、改めて小説を読み直してみたくなった。とくに東野圭吾を取り上げた最終章は、笑えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月14日

    [ 内容 ]
    私たちは本を読むとき、さまざまなことを期待している。
    その期待は満たされたり、裏切られたり、覆されたりする。
    そのとき、私たちはどういう読者なのか、どういう感性を持っているのか、そして、どこにいるのか―近代読者の誕生から百年。
    作品論・作家論、テクスト論、構造主義、ニュー・アカデミズム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています