「加藤諦三」おすすめ作品一覧

「加藤諦三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ああ青春
  • ブラウザ試し読み

愛すること 愛されること
  • ブラウザ試し読み

愛を後悔している人の心理
  • ブラウザ試し読み

安心感
  • ブラウザ試し読み

イライラのおさめ方
  • ブラウザ試し読み

イライラのしずめ方
  • ブラウザ試し読み

「うつ」になりやすい人
  • ブラウザ試し読み

「怒れない人」の心理
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 「青い鳥」をさがしすぎる心理 後悔しない自分の人生を歩むために
    何度か読み、また、暇があればパラパラとめくっています。
    どこを開いても頷いてしまう、ずっと色褪せることのない内容です。
  • 無理しない練習 「自分らしく」生きたほうが好かれる
    自分の弱点を認め、隠さない人の方が好かれる。隠して、偽りの自分しか見せない人は愛されない。良い人も寄ってこない。
    自分の心に自信が持てなくなり、調整が必要だなって思う時にこの手の本を読みますが、たいへん勉強になりました。自分も、他人の心を身勝手に推定していました。また、周りの「あれ」って思う人は、独...続きを読む
  • 子供にしがみつく心理 大人になれない親たち
    本書は「親子の役割逆転」について書かれた本である。
    親子の役割逆転とは、親が自分の子供に、自身の親の役割を押し付け、子供に甘えるというものである。子供が家庭内で親の役割を果たしている・果たさなければならない状態のことをいう。
    親子の役割が逆転した家庭のケースを、具体的に説明しているので、非常に分かり...続きを読む
  • モラル・ハラスメントの心理構造
    モラハラについての本ではあるが、一般的にモラハラといってイメージされるタイプのものではなく、美徳や正義、同情といったものを出してきて相手を支配するというタイプのモラハラについて書かれた本である。
    本書にもあるが、モラハラをする加害者は、美徳などで上手く相手に対する攻撃を隠しているので気づきにくい。し...続きを読む
  • 対象喪失の乗りこえ方

    根本の解決

    よく自己啓発本にかいてある表面的な解決ではなく、根本から自分を立て直すきっかけになる本だと思う。
    これぐらいの覚悟が無ければ、人は変われないという事を教えてくれる

特集