「関裕二」おすすめ作品一覧

  • 作者名:関裕二(セキユウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:歴史評論家

1991年『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビュー。著書に『新史論/書き替えられた古代史 3 聖徳太子と物部氏の正体』、『古代史謎めぐりの旅 ヤマトから平安へ』、『神社が語る 古代12氏族の正体』、『古代史で読みとく 桃太郎伝説の謎』などがある。 

作品一覧

2016/12/06更新

ユーザーレビュー

  • 継体天皇の謎

    なぜ武烈天皇から見てすごく遠縁の継体天皇が即位出来たのか
    不思議でしたが
    この本では著者の今までの書籍でも唱えていた説を使い
    一見そんな馬鹿な!?と思いつつ
    実はすごく説得力のある答えを導き出しています。
    古代史の主流学説からはかなり外れている説ですが
    関裕二氏のファンならず古代史に興味のある方には...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • [愛蔵版]古代史の秘密を握る人たち

    日本書紀を、歴史的勝者により都合よく改編されたという前提で、様々な仮説とともに大胆な推理をしている。

    最後の方は、中途半端な話が多くなってくるが、蘇我氏と藤原(中臣)、ヤマトの東・西の関係を、このように見たことはなかった。この本が真実という保証はどこにもないが、教科書をそのまま信じる怖さを感じた。

    Posted by ブクログ

  • 天皇家と古代史十大事件

    関氏の古代史シリーズ。飛鳥・奈良時代の天皇家と藤原氏の関係にフォーカス。一貫した主張には説得力がある。

    Posted by ブクログ

特集