川上徹也の一覧

「川上徹也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/23更新

ユーザーレビュー

  • あなたの「弱み」を売りなさい。 戦わずに売る 新しいブランド戦略
    根っから土俵の違う相手、格の違う相手と価格競争等の同じ土俵で戦うのではなくもっと別視点から見たストーリー性や独自性を追求していこうと思う!!そして時として弱みは強味に変えられる!!毎回相手の期待値を少し上回る。そして自分を売り込む!!
  • 売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください!
    過去にヒットした商品の成功事例が豊富にのってます
    この発想を思いついた人はすごいなぁ
    と思う反面 こういうアイディアなら
    やってみるか という軽い気持ちで
    出来そうな気もします
    ニーズをくみ取る力は想像力だなぁと思う本でした
    面白かったです
  • キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
    キャッチコピーを書くポイントがまとめられている。
    アイラブユーを訳すことに対し、日本語にそんな言葉はない。月が綺麗ですねとでも訳しておけといつのは夏目漱石。
    和英英和タイトル情報辞典 小学館
    ストーリーの黄金律。1欠落した、もしくは欠落させられた主人公が2遠く険しい目標に向かって3いろいほな障害や葛...続きを読む
  • 物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方
     小売において重要な示唆を含む72の販売実例をもとに、販売促進で「エモ」、感情的な消費を目的にせよ、と説く一冊。
     小売において安さ、実用性、利便性や知名度は重要だ。それは競争力になる。けれども、その理性に訴える売り方は更なる競合者に負けたとき一挙に乗り替えられてしまう。ならば感情に訴え、物語を利用...続きを読む
  • 「コト消費」の嘘
    ○コトが嘘、ではなくコトの使い方が嘘、の人が多いかもね

    "コト"という単語が使われて久しい。
    わたしの所属する組織ても、十年来「モノからコトへ」とさまざまな利用者提案を変えてきているが、モノ・コトの内容について冒頭からよく理解させてくれる。

    本書はその解説だけでなく、言い古されつつある「コト」と...続きを読む

特集