「中公文庫」おすすめ作品一覧

「中公文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/10/26更新

「中公文庫」の作品一覧

月光
  • ブラウザ試し読み

刑事の挑戦・一之瀬拓真
  • ブラウザ試し読み

もぐら
  • ブラウザ試し読み

國破れて マッカーサー
  • ブラウザ試し読み

化学探偵Mr.キュリー
  • ブラウザ試し読み

断絶
  • ブラウザ試し読み

血烙
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 随想録
    高橋是清自伝上下巻に続く自伝です。是清の言葉には含蓄があり首肯するところが大でした。当時、蔵相経験者として是清が思っていたことを知ることができるのも良いのですが、趣味や日常生活の話もしているのが興味深かったです。最新刊なのでかなづかいも現代に近いので比較的読みやすい印象を受けました。
  • 化学探偵Mr.キュリー
    誰かが死ぬわけでも無く、長編推理小説のような重い話でも無く。短編なのでちょっと暇だなという時に気軽に読めるしどこから読んでも違和感なくとっつきやすい
  • 昭和16年夏の敗戦
    とある映画を見た後から、自分が今まで学校教育で受けてきた戦争に関する話は大分事実とかけ離れているのではないだろうか思い、当時のことをもっとよく知るため、本書を手にとったが、非常にためになった。同じように考えている人がいれば、ぜひ読んでみることをお勧めする。

    本書では戦争間際、30歳代の多岐にわたる...続きを読む
  • 告白
    熊太郎なるやさぐれ男の少年期から殺人者になってしまうまでの一生の紆余曲折を町田節で紆余紆余と描く。タイトルの「告白」とは自分の思念と言葉と行動が一致しないがために世間からの疎外感で拗ね者になってしまった熊太郎の、最後の告白、人殺しにいたった理由の告白である。登場人物の心情をあまりにもベタベタに直截に...続きを読む
  • SOSの猿
    伊坂作品の中ではあまり人気のないSOSの猿。
    え...??普通におもしろいけど...!!
    わたしの伊坂レベルが低いせいかもしれないけど、言葉の選び方やテンポは健在だし、いつものようにいろんなものが繋がっていくあの爽快感は少なく感じたけど、それでも爽快感はあったし。わたしはもともと伏線を見つけるのが得...続きを読む

特集