青柳いづみこの一覧

「青柳いづみこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/28更新

ユーザーレビュー

  • 六本指のゴルトベルク
    ピアノを弾くものとしての「あるある」が散りばめられたエッセイだった。ミスタッチを許さない日本人の話がすごく頷ける。私の大好きなル・サージュはミスタッチが比較的多いけど、音楽的なミスタッチだからいいんだよね。音楽的で音色が素晴らしいもの。ああなりたいけど、やっぱり、気にしちゃう。あとは、舞台に上がって...続きを読む
  • 六本指のゴルトベルク
    絵と同じで、音楽についても、絵を描いたり楽器を演奏したりしたことのある人にしかわからないことがある。
    実際に創作したことのない批評家の書く文章が、創作する側から見たらものすごく白ける内容に思えたりするのは、たぶんそこで多かれ少なかれ断絶があるのだろう(批評家の文章も、その点で意義はあるのだろうけれど...続きを読む
  • 六本指のゴルトベルク
    まさかエルロイがでてくるとは思わなかった。クラシックっつうと刑事や探偵というよりスパイな気もするけど、やっぱり古典か純文学のがしっくりする。「ピアニスト」はやっぱり原作よんどいたほうがいい気がしてきた(今更)。あとは「田園交響楽」と「ある人生の音楽」あたりが読みたくなった。
  • ピアニストたちの祝祭 唯一無二の時間を求めて
    ピアニストから見た演奏会にまつわるエッセイ。

     ある時は演奏者で、ある時は観客で、と立場がかわると見方も聞き方も変わる。変わるけれど、変わらない部分もあってそれが新鮮。
     とはいえ、半ば仕事でコンサートを聞いているのだろうに、いつでも楽しんでいるのがすごい。
     
     本当に音楽が、ピアノが好きなんだ...続きを読む
  • ピアニストたちの祝祭 唯一無二の時間を求めて
    フジコ・ヘミングのコンサートレポートが面白い。確かに、クラシック界からゲテモノ扱いされている彼女に対して自分も偏見がある。それを一度腹を据えてちゃんと聴いてやろうという心意気がすばらしい。こういうクラシックのグレーゾーンからは、佐村河内氏のようなものも生まれれば葉加瀬太郎のようなものも生まれればフジ...続きを読む