青柳いづみこの一覧

「青柳いづみこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/10/24更新

ユーザーレビュー

  • ショパン・コンクール見聞録 革命を起こした若きピアニストたち
    リアルタイムというほどではないけど配信でコンクールを追っかけ、さらにNHKのドキュメンタリーでまとめて情報も得ていた身としては、当時のことを思い出したり、気がついていなかったことを知ったりできて非常に面白く読んだ。
    配信の功罪ということはもちろんあると思うのだが、でも実際、コンサートの場で聞くことが...続きを読む
  • ドビュッシーとの散歩
    堅苦しくないクラシックを堅苦しくない言葉で語ってくれる。
    フランス文学とギリシャ神話のくだりはちんぷんかんぷんだったけど、曲を聴きながら楽しく読めた。

    宝物に仲間入りした一冊。
  • ドビュッシー最後の一年
    作曲家クロード・ドビュッシーが亡くなるまでのほぼ1年をおよそ150ページにわたり克明に描いたのが本書。
    (2つ目の論考は、ドビュッシーとヴィクトル・セガレンの類似性について書いている)

    著者の青柳いづみこ氏はまるでドビュッシーの死を惜しんでその死を遅らせたがっているかのようだ。わたしにとってももっ...続きを読む
  • 六本指のゴルトベルク
    ピアノを弾くものとしての「あるある」が散りばめられたエッセイだった。ミスタッチを許さない日本人の話がすごく頷ける。私の大好きなル・サージュはミスタッチが比較的多いけど、音楽的なミスタッチだからいいんだよね。音楽的で音色が素晴らしいもの。ああなりたいけど、やっぱり、気にしちゃう。あとは、舞台に上がって...続きを読む
  • 六本指のゴルトベルク
    絵と同じで、音楽についても、絵を描いたり楽器を演奏したりしたことのある人にしかわからないことがある。
    実際に創作したことのない批評家の書く文章が、創作する側から見たらものすごく白ける内容に思えたりするのは、たぶんそこで多かれ少なかれ断絶があるのだろう(批評家の文章も、その点で意義はあるのだろうけれど...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!