「田中美知太郎」おすすめ作品一覧

「田中美知太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン
    初期プラトンまとめ読みの3番目。で、一応、文庫本で読めるのはこの程度だと思うので、最後のはず。

    「弁明」と「クリトーン」は相当昔に読んだものの再読。「パイドーン」は初めて。

    この3作で、ソクラテスの裁判から獄中、死刑執行までを一気に読める。

    おそらくは「弁明」は、多くの人が最初に読むプラ...続きを読む
  • ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン
    今となってはソクラテスの論理は詭弁に思われるところも多いし、弟子たちはソクラテスの論理に全く反論しない割にはその言っているところをあまり理解してはおらず、もやもやする部分もあるけれど、純粋に論理だけで世界を理解するという点において、興味深かった。

    そして、ソクラテスはなぜ死ななければならなかったの...続きを読む
  • ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン
    ソクラテスの生と死をめぐる三作を収録したもの。古典ギリシャ哲学の泰斗による充実した翻訳を味わうことができます。
  • ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン
    【ソークラテースの弁明】
    面白かった。
    ニーチェの「この人を見よ」的な面白さ。
    ソクラテスの人柄に笑いがこみ上げる本。
    本人は大真面目なところが共通して面白い。

    【クリトーン】
    人情VS正義

    【パイドーン】
    クリトーンに感情移入して泣いてしまった。
    クリトーンの気持ちを考えると辛くて涙が止まらな...続きを読む
  • ソクラテスの弁明 ほか
    哲学に生き、死んだ人。哲学・思想と行為を一致させた人。自らの命を度外視して正しさを主張した。

    哲学の基本書。プラトンの著作はたいてい対話形式で書かれているが、この著作に限っては、途中メレトスとのやりとりがあるものの、主としてソクラテスの一方的な独白形式で話が進む稀な作品。確かに弁明という性質上、形...続きを読む

特集