古内一絵の一覧

「古内一絵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび
    トルコライスの話、涙出た。みんなただの一生懸命な母親。こどもは親の所有物じゃない。だけど人並みを、それ以上を求めてしまうエゴ。親子は1番近くにいる他人。
  • さよならの夜食カフェ マカン・マラン おしまい
    さよならなんて言わないで~おしまいなんて言わないで~。大好きになった『マカン・マラン』の最終巻。最終巻は、今までの1~3を読み返したくなるような、様々な登場人物が目白押し。『たまごスープ』の話もとても好きだけれど、やはり最終巻らしさは最後の『ガレット・デ・ロワ』に集約されている。初めてシャールさんが...続きを読む
  • さよならの夜食カフェ マカン・マラン おしまい
    すごくステキなシリーズのラストだった!
    明確な区切りがなくても、いつもの日々で終わるのがマカンマランらしいな。
    だって、現実の日々は、どこまでも続いていくものだもの。

    きっと明日も明後日も、マカンマランでは、ドレスを縫って、お夜食を食べて、みんなで泣いて笑って認め合って毎日を生きていくから。

    ...続きを読む
  • マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ
    ドラァグクイーンと呼ばれるトランスジェンダーの店主が経営するドレスショップの常連さんやお針子の為に始めた夜食カフェ、それがマカン・マラン。商店街の外れの狭い路地裏にひっそりと開店する店に辿り着けた人は、縁のあった人であり、このカフェを必要としている人。

    店主のシャールが作る料理は、滋養に満ちていて...続きを読む
  • さよならの夜食カフェ マカン・マラン おしまい
    読み終えてしまった。ありがとう、シャールさん。
    今回の作品の中で、特別だったのはやっぱり「旅立ちのガレット・デ・ロワ」だったけど、心に残った言葉は、希実ちゃんに宛てた「自分を憐れむのって癖になるの。だって、傷つくのって楽ですもの」「自分を憐れみたくなったら、誰かに八つ当たりしたり、甘えたりしないで、...続きを読む

特集